チュニスエアー8時間遅延したおかげで飛行機もホテル代もパーな話

チュニジアの珍スポット、変わった観光地新婚旅行チュニジアの珍スポット、変わった観光地

なんだかんだで、ツアーも最終地点。
ジェルバ島に向かいます。
ジェルバ島は砂漠の国チュニジアのリゾート地。

白い壁の町並みにチュニジアンブルーの塗装が際立ちます。

乗るはずの飛行機が欠航に

さて、ジェルバ島に到着する前にツアー会社から連絡がありました。
私たちは15:00の便にてジェルバ空港からチュニス空港に飛び
そこから深夜2:00発のアメリカ行きの飛行機に乗る予定です。
15:00の便が欠航になったため、夜22:00の便に変更になりましたということ。
まぁ、夜22:00発でもジェルバ空港からチュニス空港までは
1時間程度のフライトなので間に合いそうです。

ジェルバ島でショッピングと食事を楽しみ…。

ジェルバ空港に到着し、電光掲示板をチェックすると22:00便が”遅延"!?

「これってマズいんじゃね!?」というと
なんとチュニスエアーのパイロットさんとお話することができました。

「お前らを絶対、2:00発の便に乗れるようにするぜ!」
がっちり握手を交わしました。

カフェで談話して飛行機の搭乗手続きが始まるのを待ちます。
ガイドさん、マジンガーZが好きで
やたらアフロダイAのおっぱいミサイルに興奮してたのが面白かったです。

そして、ジェルバ空港からチュニス空港に向かう飛行機の便の搭乗手続きが始まったのは24:00手前でした。

突然、気絶しだすやつもいて出発は1:00を過ぎていました。
調べるとチュニスエアーって遅延が多いことで有名なのねw

当然、到着は2:00前後。
アメリカ行きの飛行機は飛び立っていました。

なぜか、このタイミングでサラッ帰ろうとするガイド!

いろいろ頑張って、新たな航空券を手配してアメリカに向かうことに成功しました。
アメリカ旅行初日のホテルや航空券がパーになりました。

米田昌平
サイト運営者:米田昌平
日本2周分、訪問国15カ国くらい
約7400か所の珍スポット的なところに行く
アメリカ/タイ/台湾/韓国
バイクツーリング歴有り
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー