エロ自販機「こっそり堂」に行ってきました!!!!(今、全滅)

2018年6月24日性神・珍宝・秘宝館珍自販機まとめ

怪しいプレハブの中は全国に散らばる珍スポットだった・・・


絶対に日本に住んでいる人なら見たことのある「こっそり堂」です。
「入っては見たいけど、もし誰かと鉢合わせしたら…。」と通り過ぎ
結局、モヤモヤと頭の中には「あぁ、こっそり堂…。」と残ったままです。
社会的な理性と性欲と好奇心を刺激される、魅惑のスポットです。
そんなところに行ってきました。

※最近、激減していると思ったら愛知県条例にひっかかって書類送検されてたみたいです。
にしても、年商4億4千万円もあったんっすね。


こっそり堂は「エロ」×「自販機」のオレにドストライク珍スポット


光る看板があって旗がはためき、どこの国の”こっそり”なんだ!?とつっこまずにはいられません。
店の前に車や人の気配があったら速やかに立ち去らねばならないという、紳士協定があります。いや、ありません。


携帯性ってなんだ!?


この世にはこんなにローションがあるのか!?どんだけヌルヌルしたいだ!?と突っ込まずにはいられないラインナップです。

こっそり堂のお買い物テクニック

お金は千円札で

こっそり堂は基本的に千円札しか使えないと思っていたほうが吉です。

こっそり堂に入ったら、手足を振る。

こっそり堂は地球を考えているため、お客の居ない間は電気が切れています。
入店するとセンサーによって、電気が着きます。
ただ、このセンサーが大体の店は感度が悪いため手足を振りながら入店することをおすすめします。
もし、この姿を誰かに見られたら奇人でしかありませんが。

今回訪れた店舗はかなりの大型店舗で、あらゆる性癖に対応できるくらいのラインナップでした。
一体、誰が管理してるのかしら…。

こっそり堂大型店

どこの世界のこっそりだ!?と言いたくなる、「こっそり堂大型店」です。
交通量の多い田舎道の道沿いにあります。

小型店

「こっそり堂」という名前が無いため、競合他社なのかも知れませんが小型店です。
本当にビックリするようなところにあります。

「DVD,雑誌,グッズ大量入荷」
男らしい文字で堂々と書かれています。

中には年季の入ったいい感じのエロ雑誌自販機がありました。
かっこいいぜ。

こちらは自販機コーナーの裏にあったお店。
初見で発見するのは不可能だろう。

鹿児島にあるおそらく本州最南端のこっそり堂
国道269号線沿いにある。


熊本にある隠しきれてないこっそり堂的なエロ自販機


年季の入ったアダルトビデオ販売機だ。

住所:世の男性のためナ・イ・ショ

傾向として宮崎、鹿児島にはこっそり堂がかなりある。
東北、北海道はおもしろ館が多い。

書籍も出たようです。

バイクでどっかいこのSNSです