中国三大空港のひとつ「広州白雲国際空港」ウォッチング

中国の珍スポット、変わった観光地新婚旅行中国の珍スポット、変わった観光地

世界一周の新婚旅行に行ってきました。
まずは関西空港からという「広州白雲国際空港」という中国において三大空港の一つに数えられる空港です。
(本記事での三大空港は新北京空港が開業前のものです。)

こんな感じで世界一周の新婚旅行に行ってきました

日本→エジプト→チュニジア→アメリカ、そして日本
途中、トランジットで中国、ドイツに立ち寄りました。
こんな感じで世界一周を行いました。
チュニジア、アメリカはスターウォーズファンの嫁のために訪れました。
航空券の費用は一人あたり、30万円程度でした。

「広州白雲国際空港」は中国南方航空のハブ空港

「広州白雲国際空港」は中国大手航空会社”中国南方航空”のハブ空港になっています。

今回、関西空港から白雲国際空港までも中国南方航空を利用しました。
さすが大手だけあって、機内で配られるスナックの袋に南方航空のキャラクターが印刷されていました。

嫁は南方航空のキャラクターとか会社のイメージマークを見て、「子宮だ!」とはしゃいでいました。
どんなセックスのメタファーだよ。
本来は木綿の花をモチーフにされているそうです。

イマイチ萌えない。

到着!アジアワースト6位の空港やいかに!?

野宿しやすい空港のランキングで2015年において広州空港がワースト6位を記録したことがあります。
上記の記事によると汚いとか書いてありますけど…。

僕が見た限り、空港内かなりキレイでしたよ。

タイムトンネルというキレイなイルミネーションもあって、かなり努力が垣間見えました。

やっぱり変だよ中国の空港

さすが、中国の空港、変なところもありましたよ。

中国都市部でおなじみ、オレンジ丸搾り自販機が空港内あちらこちらにあります。
なんでそんな特殊な自販機が大量にあるんだ!?ってくらいあります。

あと、プチカラオケボックスも大量にあります。
利用したことが無いから詳しくはわからないのですが
バリバリ中国人向けのアミューズメントマシンを国際ターミナル内に置きまくる神経は謎です。

中国ではお馴染みのドリンク「王老吉」(ワンラオジー)を飲んでみました。
甘茶に砂糖ぶち込んだような、方向性は健康的な味でした。
材料は仙草、プルメリア、ミクロコス、菊花、スイカズラ、ウツボグサ、カンゾウでした。
バリバリ漢方ドリンクですな。

セグウェイに乗ってパトロールしている警備員がエレベーターに乗っていました。
乗り物乗ったまま、乗り物に乗るってどんな気分なんだろう。

米田昌平
サイト運営者:米田昌平
日本2周分、訪問国15カ国くらい
約7400か所の珍スポット的なところに行く
アメリカ/タイ/台湾/韓国
バイクツーリング歴有り
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー