バイクでどっかいこ

世界中の珍スポットへ バイクメインの旅行ブログ

世界の狂日本語コレクション

   

世界の狂日本語集めてみた

IMG_20170511_142635.jpg

海外には親日家、日本に好感を抱いている方や
「まぁ、日本人って金持ちだし?日本語の看板で日本人を呼び寄せようぜ?」的な方が
日本語の看板を掲げていたりします。

でも、日本語は世界的に見て難しい言語に位置付けられています。

この記事では不自然な日本語を狂日本語と名付け
私が歩き回って見つけた”世界の狂日本語”をご紹介していきましょう。

 - 中国の珍スポット、変わった観光地, 台湾の珍スポット、変わった観光地, 香港の珍スポット、変わった観光地, シンガポールの珍スポット、変わった観光地, ロシアの珍スポット、変わった観光地

台湾の狂日本語

頑張って激辛ラーメンを食べよう

IMG_20161107_171803.jpg

台湾にある「妖怪村」は日本の妖怪のテーマパーク。
テーマがテーマだけに日本語があちらこちらにあるのですが
激辛の「地獄拉麺」の看板に歌舞伎役者が「頑張れ!」と激を飛ばしていたりして
なんかちょっと違くね!?って感じです。

たまにビックリ生物の本や映像でデカイ蛾が紹介されているとびっくりしますし、注視したくありませんよね。 台湾の南投県にある「鎮南宮」には 超でかい蝶の看板があるお寺があ

変なバイブ

IMG_20161107_144058.jpg

IMG_20161107_093422.jpg

台湾にはやたらめったらUFOキャッチャーがあります。
地下街にUFOキャッチャー、夜市にUFOキャッチャー、スーパーにUFOキャッチャー。
もし、台湾旅行に行って一度でもUFOキャッチャーを見なかったら…。
凄い褒めてあげます。

IMG_20161107_214447.jpg

ポケットサイズのバイブが景品にありました。
パッケージには
「世界最小マツサージの棒」
「ぞうーもし、この愛に」
なんて書かれています。良い狂いだ。

海辺のアイスクリーム

IMG_20161106_155737.jpg

海辺にあるアイスクリーム店。
某ラノベのタイトルを想起してします。

神々しく参上

IMG_20161108_154227.jpg

観光地として有名な「日月潭文武廟」の看板。
「ご光臨するのを歓迎します」と大仰に書かれている。
中国語で「ようこそいらっしゃい!」を「歓迎光臨(ファンイングァンイン)」と言う。
(コンビニやスーパーのアナウンスで良く聞くよね。)
それをそのまま直訳かけたのだろうか?

遊戯王カード 【 奇跡の光臨 】 SD20-JP037-N 《ロスト・サンクチュアリ》

光臨と聞くとこんな風に神々しいイメージをしてしまう。

龍山寺付近の果物屋さん

IMG_20161109_210219.jpg

龍山寺付近の地下街に果物屋の看板があった。
よく見ると

IMG_20161109_210219.jpg

「マンゴーの砂」だったり
マンゴーシャーベットと書きたかったのだろう

coolbamboo.jpg

「クールたけのこ」だとかわけのわからないことが書かれている。
”涼筍”は台湾の茹でたタケノコを冷やした料理だ。
日本でいう冷しゃぶ的な食い物。
けど、”クール”という西洋な響きと
”たけのこ”という土っぽい田舎くさい響きの相反した感じが良い感じの狂い具合だ。

間違っては無いけど、なんか違うような気がする

IMG_20170208_164409.jpg

「日本料理 池袋」
ご丁寧にひらがなでルビが降っている。
個人的に”池袋”にあまり日本料理的なイメージを湧かないのだがどうだろうか。

このアイスキャンディー、塩辛いぞ

IMGP3447.JPG

製塩で栄え、今では塩テーマパークになっている「七股塩場」。
名物の塩が効いたアイスキャンディーは
「塩辛いアイスキャンデーシリーズ」と書かれている。
実際は塩バニラという感じでおいしいのだが
塩辛いと書かれるとネタに走っているように感じてしまう。
残念だ。

うわぁ、これは”とこにゃん”…? 愛知県常滑市には”とこにゃん"という巨大な招き猫がある。 お国変わって台湾の台南市「七股塩場」。 ここは製塩が盛んな地域だったことを

香港の狂日本語

このラーメン、混乱できる

IMG_20170111_122208.jpg

香港には「混乱ラーメン」というラーメン屋がある。
二郎系ラーメンなのだが、”混乱”とは一体。

「混乱ラーメン」だと… 「黄金電脳商場」周囲の”世界中のテレビのリモコン屋”や”拾ったイヤホン屋”を尻目に歩いていると とある日本語のラーメン屋さんにたどり着きま

つづく

IMG_20170111_221301.jpg

香港の路地のストリートアート。
一体どんな日本語チョイスセンスで「つづく」を壁に描いたのだろうか。
香港の不良には”つづく”という文字の形が最高にクールでイケてるのだろうか。

シンガポールの狂日本語

IMG_20170511_142635.jpg

シンガポールのスマホガジェット店。

IMG_20170511_142635.jpg

「ノミのパーティ」
「これは読みますか?はははははは!」など狂気的な日本語が書かれている。
どんな原文を機械翻訳したらこんな文章になるんだろうか。

ロシアの狂日本語

ロシア人はスイカがお好き?

IMG_20170826_083637.jpg

ロシアの地下鉄名物クソ長いエスカレーターで地球のマントルまで向かっていると…。(嘘)

IMG_20170826_083616.jpg

エスカレーターに「スイカ」と落書きされていました。
スイカって…。ロシアって寒いイメージ。スイカは夏のイメージ。
正反対のイメージだがロシアではスイカはよく食べられる果物のようだ。
それにしても、わざわざスイカって…。

IMG_20170826_085050.jpg

地下鉄を出て、ふとゴミ箱に目をやるとなんとスイカ半球が完食されて捨てられていた。
たまげたなぁ。

中国 上海の狂日本語

お寿司の名前、もうちょっと頑張れ

IMG_20170823_202837.jpg

日本食といえば”寿司”なのだろうか。
世界のあちこちで寿司屋さんは結構見かける。
”フォアグラ巻”とは豪勢な巻きずしだなぁ。

IMG_20170823_202828.jpg

”マグロとアボカドの巻”、まずくは無さそうだ。

IMG_20170823_202854.jpg

“帝王とカニ肉のシーザーサラダ”、帝王をサラダの具材ごときにしていいのか。

 - 中国の珍スポット、変わった観光地, 台湾の珍スポット、変わった観光地, 香港の珍スポット、変わった観光地, シンガポールの珍スポット、変わった観光地, ロシアの珍スポット、変わった観光地