【徹底解説】ライダーのツーリング向けカバン、バッグの選び方

2019年5月8日バイクハック, バイク・バイク用品関係, 猫猫バイク入門バイクハック, バイク・バイク用品関係, 猫猫バイク入門

ニセ
「ライダーのカバンってどうやって選べばいいんだろう?」
ピコ
「用途や容量によって決まるのよ」

バックパック・リュック


容量:★★★
荷物の取り出しやすさ:★☆☆
楽さ:★☆☆
町に馴染む度:★★☆

ピコ
「バックパック(リュック)は大容量の荷物を楽に持ち運べるね
ニセ
「お、ならリュックにすればいいのか!」
ピコ
「でも、荷物を出す時には一旦、カバンを降ろす必要があるから
出し入れの激しい財布や携帯電話、カメラを入れるには不向きだね
ニセ
「う〜ん、近所をツーリングしたりするには向かなさそうだね。」
ピコ
「両肩に荷物の重量がかかるため、背負いっぱなしもちょっとキツイね。」
ニセ
「なら、バイクに向かないのかな?」
ピコ
「いやいや。様々な工夫がされている商品がたくさんあるのも事実だ。
例えば、腰で支えれるベルトがついているものは肩が楽ちんだし
ライダー用なら頸椎プロテクターとしての役割を兼ねるものもあるよ。」

リュック背負ってツーリングするのが多少楽になる裏ワザ

ピコ
「リュック背負ってツーリングするのが
ちょっと楽になるアップライトなネイキッドバイクやオフロードバイク限定の裏ワザ。
リュックサックの肩紐をかなり長めにしてリュックサックをシートの上に乗せて、肩紐は肩に添える程度の重量負荷にすると楽だよ。」

メッセンジャーバッグ

容量:★★☆
荷物の取り出しやすさ:★★☆
楽さ:★★☆
町に馴染む度:★★★

ピコ
「メッセンジャーバッグだ。」
ニセ
「なにそれ?」
ピコ
「ライダーだとあまり知られていないが、自転車便の人に愛用されているカバンのことだよ。
たすきがけのカバンなんだけど、ブラブラしないようにベルトをキュッと締めて体に密着できる。
ニセ
「町中では違和感なく使えそうだね。」

ヒップバッグ・ウエストバッグ


容量:★★☆
荷物の取り出しやすさ:★★☆
楽さ:★★★
町に馴染む度:★☆☆

ピコ
「ウエストバッグ・ヒップバッグはバックパックほどではないが、そこそこの容量を持ち運べるよ。
さらに、肩に負担がかからないため、極めて楽でもある。」
ニセ
「なかなか良さそうだね。」
ピコ
「そうだね。トータルバランスでいえばヒップバッグは優秀だ。ただし、ちょっとダサい。」

ホルスターバッグ・レッグバッグ・チョークバッグ

容量:★☆☆
荷物の取り出しやすさ:★★★
楽さ:★★★
町に馴染む度:★★☆

ピコ
「レッグバッグは容量はさほど入らないけど、素早く荷物を出し入れするのに便利だ。
ニセ
「拡張式ズボンのポケットみたいだね。」
ピコ
そういうこと。

自分にあったバイク用カバンは?

ニセ
「結局、自分にあったカバンってなんなんだろう?」
ピコ
「そうだね、難しい質問だね。
ロングツーリングに出ようって言うなら全ての荷物を一つのカバンに入れて、それを背負って行くのはやめたほうが良い。
ツーリングネットを買って、積載したほうが疲れないし、安全だ。」
ニセ
「ならロングツーリングにカバンは不要ってこと?」
ピコ
「う〜ん、そういうことではなくて盗難されて困る財布やカメラ、ガジェット類をストレス無く持ち出せるカバンを選ぶべきだと思うな。

(それから…)

ニセ
「カバン買いました!」
ピコ
「お、何を買ったんだ?」
ニセ
「ランドセルです!地味に流行ってるって聞いて!
これを使ってこの前ツーリングに行きました!」
ニセ
「・・・(ランドセルを背負って行ったなんて言えない…。)」

愛車の盗難保険、距離無制限のロードサービスはZuttoRideClubだけ!

米田昌平
サイト運営者:米田昌平
日本2周分、訪問国15カ国くらい
約7400か所の珍スポット的なところに行く
アメリカ/タイ/台湾/韓国
バイクツーリング歴有り
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー