バイクでどっかいこ

47都道府県すべての珍スポット情報掲載中!

 - バイク・バイク用品関係 ,

「NC750X DCT typeLD」見積もりから17000km走行インプレッション

      2016/10/23

「NC750X DCT typeLD」見積もりから納車までのレポート

20150318000653292s.jpg
新しい大型バイク「NC750X DCT typeLD」
見積もりから、納車、1000km走行して感じたことを赤裸々に書いてみます。
ぜひ、ご参考に。

同じエンジン、車高、サスであるNC750Sを検討されている方の参考にもなると思います。
また、同じエンジンのインテグラ(スクーター)を検討されている方もどうぞ。

なぜNC750XDCTなのか

乗ってみたいバイクってのはたくさんあるんですが、所有するほどではないんですよね・・・。

外車は壊れやすいとかパーツがべらぼうに高いとはいいませんが
メンテナンスサイクルが長いパーツや部品が壊れた際に、小回りが利かないことが多々あり
最終的にパーツ代は割り増し高くなる場合が多かったです。
(例えばA+Bで使われるパーツのB部分のみが破損した場合
B部分だけでなく、A+Bセットじゃないと注文できないと言われることがたまに・・・。)

ロングツーリング中、なにかあった際に対応できない場合に困るので国産車にしました。

さらに、自分という人間はとにかく乗り倒すので
バイクにかかるコストを極めて安くしようということで
高燃費、低価格のNC750Xになりました。
(ワンランク下のNC750Sでない理由については後述。)

・250ccで良いのではないか?

高燃費、低価格ならば250ccバイクであるやビッグスクーターも候補の内にあったのですが
「君の使い方なら250ccはやめておいたほうが良い。」といろんな人に言われ
夏の北海道ツーリングの際、250ccスクーターであるフォルツァに乗り4日で1500kmほど走ったのですが
最後はクタクタになっていたので、250ccは除外になりました。

・参考記事

激化する250ccクラスバイク商戦の中の異端児 HONDAのCBR250R、YAMAHAのYZF-R25,Kawasakiのninja250。 どれもフルカウルの
「ビックスクーターはバイクではない」と毛嫌いするライダーもいるけど 「バイクでどっかいこ」は日本各地ツーリングしております。 手段として時には公共交通機関を利用して、レ

・NC750Xであるメリット

NC750S、NC750Xには本来バイクのガソリンタンクである部分にメットインと呼ばれる荷物入れがあります。
このような荷物入れがあるのは、現行車種では唯一です。
バイクツーリングの際、荷物をどうするかというのは死活問題です。

一般的にバイクに乗る際、荷物というのは
・シートにヒモやネットでくくりつける。
・バイク用の荷物箱(パニアケース)をつける。
・スクータータイプの場合、シート下の荷物入れに入れる。
のいずれかなのですが

シートにヒモやネットでくくりつける場合、施錠ができないため防犯上難しい。
バイク用の荷物箱をつける場合、費用が10万円近くかかる。等デメリットがあります。
そして、どれもがバイクから一度降りないといけないため
ちょっとした場所の撮影をする際でも、乗ったり降りたりするのは面倒です。

が、NC750S、NC750Xのようなメットインはバイクから降りずに荷物にアクセスできるため
非常に便利です。

リュック等を背負えば良いじゃないかと思われますが
それはそれで疲れる上に休憩するにも時間とお金が多少かかるので
個人的に体に過剰な荷物を背負ったりするのは嫌です。

・DCT LD(ローダウン)という選択

今回はとことん旧車やレーサーレプリカのようなライダーから
つまんないバイクと言われるバイクをコンセプトにしたので
DCT(セミオートマチック)、さらにシート高を830mmから800mmに落としたtypeLDを選択しました。

見よ!これがホンダの最新変態バイクだ! ということで、ホンダの最新車両「NM4-02」に試乗しました。
DCTはNM4に試乗して体験したのですが、ギアチェンジをバイク側が勝手にやってくれる不思議なシステムです。
さらに、ライダーの癖を記憶してギアチェンジのタイミングを自動補正してくれるシステムもあるのだとか
き、きもい。(ほめ言葉)

typeLDに関しては、ノーマルでも足ついていたのですが
バイク屋さんから
「30mm程度なら性能としてそんな変わらないだろうし、足つきが多少でも良いほうが良いのではないか。」と言われたので
よりつまらなさを追求するため、typeLDを選択。
(typeLDはNC750Sのサスペンションを使ってるそうです。typeLDがない方はNC750Sを跨るのだ。)

・お値段やら

NC750Xは2015年3月末まで5万円分の用品クーポンが付いております。
それもあり、NC750SではなくNC750Xを選択しました。

NC750Sはウインドスクリーンが短い、メットインの解錠部がバイク側部にある等の理由もあるのですが。

ホンダドリームにて見積もりを出してもらうと
諸費用込みで83万円程度(クーポン5万円分付き、ホンダドリーム推奨のガラスコーティング無し。)

レッドバロンで見積もりを出してもらうと
なんとレッドバロンはクーポンが付かないらしい。
諸費用込みで81万円程度(盗難保障、オイルリザーブシステム無し)

お世話になっている銀色バイクさんにお値段出してもらうと
諸費用込みで78万円程度

ということで、お世話になっている銀色バイクさんで購入いたしました。
一番安いし、初期メンテナンスもしっかりやっていただけますしね。
一番嬉しい結果になりました。

が、現在NC750Xは売り切れで一ヶ月待ちのようです。
製造は一応、日本ということになっていますがパーツの製造はタイらしいのでタイ人!がんばれ!

納車されたよ

ss0036_2015031723503846as.jpg

総評

総評から書けばNC750Xは
ロングツーリングを良くして、ブランドを気にしない人にはとても良いバイクです。

星5点満点中星4点のバイク。
星をひとつ減らしたのには
コストダウンのためであろうが「それは省いちゃだめだろ」というパーツが多いからです。

IMG_20150227_085750.jpg

まず、インナーリアフェンダー。
最近のバイクにインナーリアフェンダーが無いモデルが多々あります。
しかし、NC750Xは林道を走れと言わんばかりのオフロード風のルックスなのに
インナーリアフェンダーがないのはちょっと不親切だと思いました。

ss0015.JPG
次に、フォークガード。
フロントフォークを汚れから守るフォークガードがついてくれれば良かった。
やっぱり、清掃の邪魔になっちゃうかな?
この車種を購入する際に候補で出てくるであろう
YAMAHAのMT-07、SUZUKIのV-Strom650の両方のモデルには
フォークガードがついています。

ハンドリング

NC750Xのハンドリングは驚くほど素直です。

DUCATIディアベルやハーレーの883などホイールベース長めの低重心バイクに乗ったことがあるが
「エイヤッ!」と気合でバンクするようなバイクだったので
このNC750もコーナリングはイマイチじゃないの?と思っていた。

しかし、ガソリンタンクがシート下にあることによるで
マスの集中化とフロント周りの軽量化ができているのであろう。
良い意味で自然にのんびりバンクしていくフィーリングを楽しめるバイクになっている。

マスの集中化について
重りのついた棒の重り側を掴むのと棒側を掴むのでは重さの感じ方が違います。
重心が離れれば離れるほどその物を動かしたり制御するのに
大きな力が必要になってしまうので重心は近くにあったほうが良いねって訳。

カウンターステアをあててやったりや体重移動をしてやれば
それに応じた挙動もしてくれる

NC750Xのタイヤについて

純正タイヤにしてはグリップは高めで端まで恐怖心無く使うことができた。

槍玉に上がる純正タイヤの寿命が極端に短いという問題。
私のNC750XはDCT Dモードにて法定速度遵守の使用で8500km程度でリアタイヤがスリップサインが出ました。
リアタイヤはまだスリップサインは出てません。
バイク屋さんの予想ではあと1000km程度でリアタイヤのスリップサインが出るとのこと。

追記分

2015年2月以降納車のNC750Xの純正タイヤの寿命はフロント8357kmでタイヤ交換。
リアタイヤは9658kmでタイヤ交換しました。
そして、チェーンスプロケットは17342kmで交換しました。
素人目でもガタガタになっていたので、15000km程度が寿命でしょうね。

ss0016.JPG

DCTとブレーキについて

DCT仕様車にはクラッチレバーとシフトペダルが無い。
「スクーターのように左にリアブレーキレバーをつければいいのに」という声もあるが
これは信号待ちの際、ハンドルから手を離せるようにするためにリアブレーキを普通の右足部に持ってきているのだと思う。

昨今、ハンドル部にナビ等を取り付ける人が多いため、駐停車時に操作できるための配慮だと思います。

NC750Xには「Dモード」と「Sモード」2つのモードがセッティングされています。
「Dモード」は回転数3000rpmになる直前くらいにシフトアップし
なるべく高いギアで走行するモード。

「Sモード」は回転数5000rpmになる直前くらいにシフトアップする
NC750Xのエンジンのトルクバンド(4750rpm)でのパワーを十分に生かすモード。

下り坂でアクセルが閉じてる場合はエンジンブレーキを活かせるように
多少回転数が上がってもシフトアップしなかったり
急発進をした際は低めのギアを維持しようとするなどのアシストが働くといった
成熟されたプログラミングがインストールされているので安心だ。

学習機能については、推測であるが
一定の走行距離(多分、500km)毎にアシストを見直し
「こいつは回転数高めで走るのが好きだな。」と判断されたなら
シフトアップを遅らせるように補正したり
「こいつは省エネ走行ばっかりするな。」と判断されたなら
シフトアップは速めにシフトダウンは遅めにという補正が働く
といった感じだろう。
実際、500kmにシフトアップタイミングが変更したのが実感できた。

「Dモード」はエンジンのフラットな特性からグイグイ加速はする上に
もとよりの回転数の低さとバランサーが作用し、驚くほど振動が無い。
が、巡航時の回転数が約2000rpmと低いため
エンジンブレーキによる減速が期待できない。
さらにNC750Xのブレーキはシングルディスクであり
純正パッドがちょっと残念なので
パッドに当たりがつくまで制動力がやや足りない感じ。

パッドに当たりがつくまでは「Sモード」で走行し
エンジンブレーキを使い
いざというときに急制動できるようにしておくのがいいかな。

追記分

昨今、ダブルディスクが当たり前の大型バイクにしては珍しい
125ccバイクのように強めに握るブレーキングです。

純正ブレーキパッドはフロントは10666kmでリアは12897kmで交換しました。

IMG_20150314_141435s.jpg

メットインスペースと給油口

メットインスペースはその名の通り、ヘルメット一個がジャスト入る程度の容量。
ヘッドセット等をつけているヘルメットは残念ながら入らない。

IMG_20150314_071409s.jpg

が、荷物入れとしては必要十分である。
メットインスペースは蓋の隙間を大きめのパッキンでふさぐという構造になっている。
自分はメットインスペースに充電ソケットをつけているが
長めのUSBケーブルをふたの隙間からスマホハンドルホルダーへ延ばし給電している。
IMG_20150226_120950 (1).jpg

猫は1匹か2匹くらいは入る。

NC750X荷物積載について

NCM_0070 (1).jpg

NC750X(NC750S)はリアシートの下に給油口があります。
そのため、リアシートの上の写真のように荷物を載せてしまうと
リアシートの開閉ができなくなり、給油をするさいに荷物を降ろしたりしなくてはいけません。

そのせいで、荷物を積載しようとなるとキャリア(荷台)をつけたり
サイドバック、パニアケースの取り付けが必須でした。
これが、NC750Xのよく槍玉にあがる欠点でした。

が、今回は無改造でリアシートに荷物を載せ
荷物を降ろさずに給油もできる積載法を
発見したのでご紹介します!

やり方は簡単!

20150414003116768 (1).jpg
方法は簡単です。
リアシートの下でネットのフック同士をひっかけ固定するだけです。
やや特殊な積載方法なのでしっかり固定できたことを確認して走行してください。
またリアシートを固定するヒンジ等もさほど頑丈ではないので
せいぜい3kg程度が限界ではないでしょうか。
が、メットインの積載も含めれば十分な積載量となります。

こちらが荷物を載せつつ開閉する動画です。
きちんと閉めることが可能です。

あと、ガソリンスタンドの店員が給油口に戸惑う。

加速

NC750Xでよく気になられるのは加速についてである。
車重は230kg程度、馬力は60ps程度とパワーウェイトレシオを計算するとあまりにも鈍重なものと思われている。

結論から言えばDCT仕様の出足の加速は同排気量の中でも群を抜いて速い。
正確言うなら、フラットなトルク特性とDCTによるギアチェンジ、低重心の安定感から
一般人の我々でも理想に近いスタートダッシュができるからだ。

ただ、大型レーサーレプリカバイクのアクセルを一気にフルスロットルできる技量があるなら
NC750Xの加速は遅いと感じると思うよ。

サスペンション

(NC750X typeLDなのでNC750Sのサスペンションになります。)
サスペンションについては納車時にプリロード(イニシャル)を全抜きしてもらい
動きを大きくしてもらっているのだが、これでもやや固めではあるが良い塩梅である。

突き上げ感が気になる方はプリロード調整をしてみたり
摺動部にシリコンスプレーを吹いてみると良いかもしれない。
結論を言うと、サスについては可もなく不可もなくって感じ。

ちなみにオーリンズのNC750X用のサスペンションは9万円で販売されている。
割と安い!

燃費

1000kmほど主にDモードで走行しての平均燃費は31.0km/lです。
350kmくらい走るとガソリン満タンから燃料計残り1目盛りになります。
2000回転〜3000回転あたりをキープすると相当燃費イイです。ガソリン減らねぇ。

2015/6/28
高速道路80km/h巡航で39km/lの燃費を出しました。
250ccバイクレベルっすか?

足つき

「NC750X type LD」の足つきは片足べったり。
両足はつま先がつく程度です。
車高は低いので片足はべったりつくのですが
シート幅が広いため、両足での足つき性は悪いです。

ハイグレードオイルを入れると

1000km走行したので、初回オイル交換をした
銀色バイクさんおススメの「ash VSE 10W-50」を入れました。
ホンダ標準オイル「G1」と比べると値段差は倍以上。

つまり、無駄にハイグレードオイルを入れてみたのですが
確実にフリクションロスが低減し
アクセルを開けなくてもアップダウンの連続する峠を巡航できる。
燃費は1割ほど向上。
3000回転くらいで発生するメカノイズが無くなる。

(DCTがシフトアップのために次のギアが回転するから発生してるのと思う。それか、慣らしが終わってないか。)

最後に

「NC750X DCT typeLD」は自分にぴったりのバイクでした。
「てめーら、ドヤ顔でハイスペックなバイク乗ってるけどフルに乗りこなせるわけねーだろw」という
ホンダの声が聞こえそうな、凡人ぴったりおあつらえバイクです。

まさしく、大型バイク版「スーパーカブ」。
スーパーカブとNSR50が同等に語られないように
NC750XはMT-09やV-Strom650と同等なバイクでは無いのかもしれません。

ぼくのNC750Xカスタム部について

ss0021_2015031809323486c (1).jpg

ぼくはNC750Xのここを改造しました NC750Xに僕が施した快適ツーリングカスタムを紹介します。 ★・・・どちらかというとつけたほうが良い ★★・・・可
ぼくのNC750X快適ツーリングカスタムを参照にしていただければ
当該記事のハンドルスペーサーによるハンドル調整は効果絶大でした。

NC750Xにつかえるバイクカバーについて

NC750Xに対応するバイクカバーです。
以下の2つは購入して、使用してみた感想なので確定です。


やや丈が短めだが許容範囲。2000円。
材質はペラい。とりあえず被せれればいい人向け。

TORUNA(とるな) とるなライト バイクカバー 4L TOR1006 TOR1006
ピッタリ。2500円。
上のものよりかは、多少しっかりしてる。

完売しています。

2016年モデルについて

NC750X 2016年モデルについて発表がありました。

<NC750Xの主な特長>
・LEDのヘッドライト※とテールランプを採用し、一段とアドベンチャーイメージを高めたシャープなスタイリングを実現
・ウインドスクリーンは、従来モデルに比べ上方に70mm高くすることで、高速走行時の疲労を軽減
・新形状の異型断面マフラーは、小型・軽量化を図り運動性能の向上に寄与するとともに、鼓動感にあふれたエキゾーストサウンドを実現
・ラゲッジの容量を21Lから22Lに拡大し、収納性を向上

・「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」は、Sモードで3段階のレベルを選択できるプログラムとすることで、好みに合ったギア選択が可能
・フロントサスペンションには、圧側と伸び側両方の減衰力を比例特性化した「デュアルベンディングバルブ」※を採用し、乗り心地を向上
・リアクッションには、新たに「プリロードアジャスター」※を装備

文書化されていませんが、写真を見る限りインジケーターの表示形式も変更されています。
シルエットをよくみるとリアフェンダーがついているような感じがします。
エンジンについてはマフラー以外変更がなさそうですが、DCTプログラムとサスペンションが変更になるそうです。
NC750Sのサスペンションを使っているNC750X LDは無くなってしまうか、NC750Sも合わせて仕様変更になるということでしょうかね。

個人的にはうわぁ〜すっげー!っていう仕様変更では無いのでとりあえず一安心です。

東京モーターショー出展内容
東京モーターショー出展内容

ラゲッジボックスリッドの上面にヘビーデューティーなイメージを演出するユーティリティーレールを設定するなど装備を充実させました。

精悍なスタイリングになっており、CBシリーズを思わすカラーリングになっています。
ラゲッジボックス(メットイン)の上面の蓋変更による容量アップです。
不思議な造形になっていましたが、ユーティリティーレールということでタンクバッグや、スマートフォンホルダーのようなオプションパーツを装着することができそうです。

2016年モデルのNC750Sは凄い!

2016年度版のNC750XのホームページNC750Sのホームページが発表されました。

 NC750Sには、全タイプにETCとグリップヒーターを標準装備しました。
大型スポーツモデル「NC750X」「NC750S」を発売

つまり、ETCとグリップヒーター付きのバイクが新車で70万円で買えちゃうんですか!?
RCV213で2000万円超えのぶっ飛び価格のバイクを作ったと思ったら、激安バイクまで作っちゃうとは…。

関連記事

贅沢に便利で70万以下!? 2016年にNC750XとNC750Sのモデルチェンジが行われました。 2015年度のモデルはNC750Xの下位モデルとしてのNC750Sと

このブログで今週人気の記事です

最後までお読みいただきありがとうございます!
会社員一人で運営してるので、シェアしていただくと励みになります!

 - バイク・バイク用品関係,