バイクでどっかいこ

世界中の珍スポットへ バイクメインの旅行ブログ

話題のワークマン防寒作業着「イージス」の実力はいかに!?

      2017/10/18

これが噂のコスパ最強防寒着

最近、防寒作業着「イージス」というのが作業現場だけではなく
釣りやアウトドア、バイク界でも話題です。
2ちゃんねるでは「イージス」専用スレができたり、数々のバイク系のブログの方が
使用レポートやインプレを書かれています。

株式会社ワークマン様より2016年モデルのイージスをいただきました。
→「最強防寒着が更なる高みへ!ワークマン イージス2016年モデルレビュー!

2017年モデルのイージスは2016年と同一仕様になるようです。
ワークマンイージス2017年モデル情報まとめ

あわせて読みたい
ワークマンvs雪山!全身ワークマン装備で極寒が快適になった!

 - バイク・バイク用品関係 ,

イージスの人気っぷりは異常

近所のワークマンへ行くと「イージス」専用コーナーまで作られていました。
フレンドリーな店員さんが
「お兄ちゃん、イージスを買うとはわかってるね。」と。
なんなんだよ、イージス。
「もうイージスはバカ売れで他のお店やメーカーにも在庫はないんだよ?」
と言われ、改めてイージスコーナーを確認すると「LL」、「3L」しか残っておらず
自分が買ったのが最後の「M」でした。
メーカーオンラインショップもライムグリーンは売り切れ。

これがイージスの特徴

結構大きめな作りなので普段着が「M」なら
上着として着る場合でもイージスは「M」で良いと思います。


ということで「イージス」上下セット。
製造はアウトドア用品メーカーのロゴス
防寒作業着というより、今時のアウトドアパーカーっぽい。
伸縮のあるインナー生地、中綿、防水防風生地の三層の生地になっており
効率の良いウェアリング(ウェアリングについてはこちら)となっています。
襟の高い作りになっているのでネックウォーマーもいらなさそうです。

袖は親指を通す穴が開いており、通すとめくり上がり防止と簡単な手袋になります。

イージスのオーバーパンツ。
「イージスのオーバーパンツはおまけ程度」と書かれてあったりしましたが
中綿入りで良さげの作り。


おしっこ用のフロントファスナー付き。安いオーバーパンツはこれがないのが多いのよ。
さらに腰の部分にカイロ入れれるポケット付き。
かなり良いね!

イージスの性能はいかに!?

しかし、どんなに感じが良くても暖かくなければ意味なし!
使用状況として上半身はヒートテック一枚、下半身はジーンズのみ。
オーバーパンツ付いてるけど、普段使いにオーバーパンツは大げさだし
今回のインプレでは履いてないです。
冬の作業現場でストーブ代わりに作業用蒸気を浴びて暖を取り
ダウンジャケットを二枚重ねで着て、羽毛デブになる寒がり日本チャンピオンを自負する自分を救ってくれたジャケットは今までありませんでした。
イージスは僕を寒さから守ってくる盾になってくれるのでしょうか!?
・室内(10℃)
Hyodの2万円のダウンジャケット
→寒い。

イージス
→あったかい!!

まぁね、屋内で暖かくなくては困ります。
次は本番!

・屋外(気温2℃、時速60km/hなら体感温度-4℃)
発熱素材の肌着、ワークマンのミッドインナー、ダウンジャケット、レザージャケット、ネックウォーマー
→寒い!100点が快適とすると、30点くらい。

ヒートテック、イージス
→少し寒い。100点が快適とすると、60点くらい。

まとめ

「イージス」上下セットで5900円ですが、非常にすばらしい商品だと思います。
今まで着た事のある防寒ジャケットの中で一番あったかいです。
嘘だと思うなら、ワークマンでイージスを抱いてみてください。
抱いてる部分がすごくあったかいですよ!
これより上の「イージスPro」というのもありますが、これよりあったかいんでしょうね。
イージスすごくお勧めです。
欠点をあげるとするなら「俺はプライベートでも作業着を着てる・・・」と思ってしまうところです。


追記分
ユニクロの防風ジーンズの上にイージスのパンツを先日の爆弾低気圧の際、履きました。
非常に快適でした。
が、生地が滑りやすいのと裾が短いので足首部分が出ちゃうってのが難点ですね。
2ちゃんねるのイージススレに
アルミ蒸着ジャケットもイージス並みにあったかいよ」
という比較表コピペがあります。
個人的にアルミ蒸着ジャケットを試着した感想としては
生地の厚さの割りにはあったかいけど、あたたかさの絶対値からすればイージスのほうがあったかいです。
安定なのはイージスだと思います。

2015年度版ツーリング向けイージスとライドオンイージスについて

ワークマンで2015年イージスを見てきました。
上着については大きな変更感じです。
材質の防水性が上がったようですが、ワークマンPROのような柔軟性はありませんでした。

予想通り、パンツは大きく変わっていました。
中綿が(おそらく)増量されており、ゴムバンドのみだったのがウエストベルト締め+フロントボタンがついていました。

ワークマンに行ってみると人工レザーでできたライダースジャケット風の「ライドオンイージス」という商品がありました。
けっこう上品な仕上がりでした。
5980円。いかがでしょうか。

2りん館で販売されている通称”ギージス”こと「DM-1X」について


ライディングウエア-Moter Head

最近話題になっている通称”ギージス”こと
バイク用品店「2りん館」のプライベートブランド「MOTER HEAD」で「DM-1X」というイージスに非常に似た商品が発売している。
こちらはプロテクター入りでイージスよりもお得とそこそこ人気があるらしい。
イージス製造元のロゴス株式会社に問い合わせてみると、この「DM-1X」(ギージス)はロゴスの製造では無いとのこと。
十分気をつけて欲しい。

最強のライダー防寒着「イージス」が更にパワーアップ! 冬、蛍光イエローが街に増える季節。 それはあまりにもワークマン「イージス」がお手頃価格なのに暖かすぎるから。 人

あわせて読みたい

ワークマンvs雪山!全身ワークマン装備で極寒が快適になった!
ワークマンで販売されている「ボディーチューブタイツ」「ビーンブーツ」「アルミ蒸着インナーベスト」について書いてます。
【コラボ】『ワークマン』が夏の暑いライディングを涼しくする!安くて快適なアイテムをご提案!
株式会社ワークマン様より夏季のライダー向け製品を提供していただきました。
その商品のレビュー記事です。

 - バイク・バイク用品関係 ,

このブログで今週人気の記事です