バイクでどっかいこ

世界中の珍スポットへ バイクメインの旅行ブログ

大分県民の赤猫根性を見せてやれ!「福良天満宮」

      2017/05/21

赤猫だらけのお寺

s0015_2015041213285830a.jpg
大分県の町外れにある「福良天満宮」
ここには「赤猫」という、奇抜なカラーリングの猫を祀っています。
この「赤猫」というのは大分県民を表しているのだとか、表してないのだとか・・・。

 - 大分県の珍スポット、変わった観光地 , , ,

福良天満宮はアクセスが絶妙に悪い。

s0005_201504121327138a8.jpg
福良天満宮は町外れの住宅街周辺にあって、絶妙にアクセスが悪いです。
大きな車だと難しいかも。
s0010_201504121328076c5.jpg
境内の中は赤猫でいっぱい・・・。と思いきや、パッと見は普通の天満宮です。

一角に赤猫だらけの祠が

s0011_20150412132819269.jpg
境内の一角にある小さな祠は真っ赤です。
s0015_2015041213285830a.jpg
赤い猫というあまり見ないカラーリングの猫ですが
「赤猫」と呼ばれ、大分県民を表している言葉として親しまれています。

赤猫は悪口?

2015041412485560d.jpg
一般的に「赤猫根性」と呼ばれ、ずるがしこい、狡猾といった意味で九州他県では使われていたりします。
悪口なの!?
201504141248592e6.jpg
そもそも、赤猫という言葉の由来ははっきりしていません。
”大分県の発展に尽力した商人のことを「あかねこ」と呼んだ”とは書いてあったりはするのですが
その「あかねこ」の意味する言葉は不明です。

最近、大分県全土で人気

s0024_20150412133032d60.jpg
s0021_20150412133006901.jpg
大分県のお店でたまに赤猫の招き猫を見ることがあります。
赤い招き猫なんて他の県にはないですしね。
しっかり根付いていてとても良い感じです。

住所:大分県臼杵市福良352

 - 大分県の珍スポット、変わった観光地 , , ,