バイクでどっかいこ

47都道府県すべての珍スポット情報掲載中!

 - バイク・バイク用品関係 ,

【インプレ】「KLX125」誰にでもナイスなバイク!

   

KLX125は誰にでもナイスなバイク

DSC02202.JPG

日本のバイクメーカーで唯一の125cc公道走行可能なオフロードバイク「KLX125」
大型はオンロードバイクだけど
2台目の125ccはKLX125にして、休みの日は林道とか走ってみたいなぁとか思っている方は多いのではないでしょうか?

スタイリング

DSC01289.jpg

KLX125のシート高は830mmあります。
CB400SFのシート高は755mmなのでだいぶ高いように思われるかもしれません。
しかし、車体がめちゃくちゃ細い上、サスペンションがよく動くので
125ccスクーターよりも足つきは良好です。

見た目からして言うことは特に無いのですが…
ただひとつ言いたいのは書類の出し入れのしづらさです。
シート下に書類があるのですが、そこまで辿り着くためにいろんなパーツを取り出さなければなりません。
問題はそのくらいですかね。

KLX125エンジン、走行性能、燃費

IMGP2214.JPG

KLX125のエンジンですがおったまげるほど静かです。
アイドリングの時なんかエンジン音がほぼしません。
ただしエンジン回転5000rpm以上回さないと前に進まないので
走行中はちょっとやかましいかもしれません。

タイヤが細いので軽快に走り回れますし、サスペンションもよく動くので乗っていて楽しいです。
前述したように5000rpm以上は回転数維持しないといけないので、ギア操作が忙しいです。
これは趣味としてはメリットのですが、実用としてはデメリットかもしれませんね。

最高速度は直線で引っ張っても90km/hいくかなぁ〜という感じ。

燃費をかなり意識して走行すると50km/lくらい超えますが
全く意識せずにのると35km〜40km/lあたりになります。

KLX125は誰にでもナイス!だけど…

IMG_20161121_182604.jpg

KLX125は誰にでもナイスなバイクだと思います。
維持費は安いですし、燃費もそこそこいいですし、オフロードバイクなので頑丈で林道にもいけます。
ただし、モトクロッサーのように飛んだり跳ねたりを想像されると難しいですが
エンジンパワーがないのでボディアクションで行うウィリーの練習や
軽いのでリアスライドもあんまり怖くないのでエクストリームの練習も良いんじゃないでしょうか。

125ccクラスにしては直進性も良くツーリングにも向いています。
下世話な話になりますが、人気のあるバイクであり、オフロードバイクという頑丈性もあって
下取り価格も高めでした。

KLX125は誰にでもナイスなバイクです。
あらゆることを器用にこなします。

※本記事ではオフロードバイクと表記しましたが
正確にはデュアルパーパスというカテゴリに位置するバイクになります。

このブログで今週人気の記事です

最後までお読みいただきありがとうございます!
会社員一人で運営してるので、シェアしていただくと励みになります!

 - バイク・バイク用品関係,