ヤマハがレンタルバイク事業開始!キズキと比較してみた

バイク・バイク用品関係レンタルバイク

ライダーの間では市民権を得てきた、レンタルバイク。
私自身、国内外でレンタルバイクを利用しています。
あのバイクメーカー、ヤマハがレンタルバイク事業を開始しました!

ヤマハのレンタルバイク、キズキと比較してみた

その名も「ヤマハ バイクレンタル」、現在、日本最大手レンタルバイク事業である
「レンタルバイクキズキ」と比較してみました。

店舗数

キズキ:137店舗
ヤマハ:15店舗(2020年までに70店舗を目指す)

これはキズキの圧勝ですね。

価格

XJR1300の場合

キズキ
8時間:14,900
24時間:18,600
追加24時間:13,000

ヤマハ
8時間:17,700円
24時間:22,000円
追加24時間:1560円

MT-09の場合
キズキ
8時間:12,400
24時間:15,500
追加24時間:10,800

ヤマハ
8時間:15,300円
24時間:19,000円
追加24時間:13,400円

YZF-R25
キズキ
8時間:9,900円
24時間:12,400円
追加24時間:8,700円

ヤマハ
8時間:10,300円
24時間:12,800円
追加24時間:9,100円

免責
1000cc〜
キズキ
免責10万円 1日:3,200円 以後1日:1,600円

ヤマハ
免責額15万円、1日:4,000円 以後1日:2,000円

250ccクラス

キズキ
免責5万円、1日:2,200円 以後1日:1,100円

ヤマハ
免責8万円、1日:3,000円 以後1日1,500円

現状、キズキに負ける未来しか見えない

正直言えば、価格、店舗数など全てにおいてキズキに劣っています。
ヤマハ直営ということを活かして、YSP全店でレンタル事業をやるとか
レアな車種などをレンタルするなどの独自性がないと
わざわざヤマハレンタルバイクを選ぶ理由がありません…。

キズキは全車種ロードサービス付帯しているのですが
ヤマハレンタルバイクは126cc以上じゃないと付帯していませんし。

ただし、ヤマハレンタルバイクのロードサービスは距離無制限です。
ただ、現地で走り回るためのレンタルバイクに
距離無制限のロードサービスは無駄じゃないかな?とも思います。

また、盗難に対する弁償も
キズキは時価の50%なのですが
ヤマハは時価全額弁償になります。

バイクでどっかいこのSNSです

運営者情報

米田昌平 サイト運営者:米田昌平
レンタルバイクを駆使することで
会社員でありながら
2ヶ月に1度は海外ツーリングを楽しんでいます 著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!