乗りやすさ極振り!好燃費!【CB250R】インプレ

バイク・バイク用品関係中型バイク(250cc、400cc)について


CB250Rに乗って500kmほどツーリングしてみました。
乗った感想や実燃費などをご紹介していきます。

未来からやってきたのか、今が未来なのか

ネオスポーツカフェシリーズと銘打たれてHONDAより発売された「CB250R」。
同様のルックスのCB1000R、CB125Rも発売されました。

無駄なものを全て排除して、徹底的にマスの集中化した塊感のあるデザイン。
ヤマハのバイクですがMT-09っぽいなと思いました。

ヘッドライトがドカティのモンスターになった
初代スーパーカブのC100っぽい顔つきですね。

ハンドル周りはホント、何も無いですね〜。
バイクにまたがると視界に何も入らなくて気持ち良いです。

リア周りもほんとスッキリしています。
浮遊感があって、これが未来感に繋がるんですかね。

乗りやすさ極振り!ハジけるパルス!

CB250Rのバイクとしての大きな特徴は
・250cc水冷単気筒エンジン
・コンパクトなデザイン

250cc水冷単気筒バイクになります。
最近の250ccバイクは水冷二気筒エンジンがトレンドです。
自分にとっては水冷単気筒の250ccエンジンは初めて本格的に乗車します。

エンジンを始動、発進するとパリパリとエンジンのパルス感が全身に伝わってきます。
アクセルの開閉にクイックに反応してくれます。
さらにコンパクトなデザイン、ホイールベースが1355mmと
現行250ccクラス内でも屈指に短く、サスも良く動いてくれます。
意のままにバイクを操る感覚を味わえます。

車重は142kgしかありません。
MT-25は166kg
同様の単気筒水冷250ccであるZ250SLは148kg。
水冷250ccバイクでは屈指の軽さです。
取り回しも軽々。
女性でも取り回し簡単でしょう!

最近乗ったバイクがハーレーとかV-stormみたいな大柄なバイクばっかりだったんで
CB250R扱いやすいバイク乗ると気持ち良いです!

高速道路で乗ると、100km/h出すと振動でハンドル周りビリビリします。
好きな刺激なんですが、ロングツーリングには疲れそうです。
最高速は130km/hくらい。

CB250Rのここがデメリット

徹底的にマスに集中させたデザインにしたせいか、マフラーの位置が悪いです。
右足を地面につくと、ふくろはぎにマフラーが当たります。
夏は短パンでバイクに乗っちゃうぜ!ってやんちゃな人は要注意ですね。

CB250Rの実燃費

2回給油してそれぞれの実燃費が
・39.01L
・39.15Lになりました。
平均すると39.08Lです。めっちゃ良いですね。

参考までにライバル250ccバイクの実燃費は…
YZF-R25:33.0〜35.0km/L
V-storm250:36.4km/Lとなっています。
タンクは10L入るのでタンク満タンで350kmくらいは走れる計算になります。
ただし、7Lくらいガソリンを消費したら燃費計が1目盛りになります。

まとめ

CB250R、乗りやすく、扱いやすく、好燃費。
足つきが250ccクラスにしてはちょっと悪いかなぁと思う部分もありました。
そこさえオッケーなら初心者にオススメできるバイクです。
街乗りや日帰り、1泊2日ツーリングにオススメですね。

バイクでどっかいこのSNSです

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!