メッシュ、3シーズン、ウインター!バイク用ジャケットはどれがいいの?

2017年4月11日バイクハック, 猫猫バイク入門

バイク用品店に行くとバイク用ジャケットがズラリ!

IMG_20160307_154132.jpg

バイク用品店にやって来たぞ!
今日はライディングジャケットを買いに来たんだ!
でも、種類やらメーカーやらたくさんありすぎてわからないんだ…。

はい、教えます。

バイク用ジャケットの種類のカテゴリはざっとこんなもの

バイク用ジャケットの分類

ツーリング向けバイク用ジャケットの種類はざっとこんなものだ。

うぉ〜、結構いっぱいあるね!

メッシュジャケットの効果と選び方、種類の解説

まずはメッシュジャケットだ。
夏に着用する生地がメッシュ素材のジャケットのことだ。

夏にジャケットを着るの?暑そう!

確かに、半袖で走るライダーの方が多い。
停車中はメッシュジャケットを着ていると、やっぱり暑いな。
日焼け防止、風による疲労防止が目的だ。
夏のロングツーリングには必須アイテムだ。
もちろん、転倒時の怪我の防止もあるぞ。

なるほど。

選び方のコツとしてはTシャツの上から着るものだから、裏地がなめらかなものが良いね。

セクシーランジェリー風メッシュジャケット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイレクトエアメッシュジャケットFP
価格:11664円(税込、送料無料) (2018/2/17時点)

最近、いろんなメーカーが出しているスケスケのセクシーランジェリー風メッシュジャケットだ。

商品画像だと、普通のメッシュジャケットに見えるけど…。

気になる方はバイク用品店で実物を観てみよう。
メッシュジャケットの中でもめちゃくちゃ涼しいこと間違いなしだ。

スッゲーーー!!虫取り網で作った服みたいだ!

普段着風メッシュジャケット

メッシュジャケットが着られない理由の一つに、いかにもライダーオーラを出してしまうことだろう。
各社、普段着に見えるけどプロテクターのはいったメッシュジャケットを発売中だ。

これなら、街歩いてても違和感がない!

3シーズンジャケットの効果と選び方、種類の解説

さて、続いては3シーズンジャケットだ。

春夏秋モデル秋冬春モデルってのがあるね。

そうだな、夏向けジャケットをインナージャケットで暖かくするのが春夏秋モデル。
秋春向けジャケットをインナージャケットで暖かくするのが秋冬春モデルだね。
ちなみにオールシーズンジャケットという夏向けジャケットをインナージャケットで春秋向けにして
そこにさらにもう一枚インナージャケットをつけたすことで冬にも使えるものもあるぞ。

3シーズンジャケットのメリット

秋冬春モデルは高機能なんだ!?

一般的に最高級モデルはカッパにも劣らぬ防水性、ベンチレーションやインナージャケットによる温度調節機能、ポケットの多さなど高機能だ。

確かに最高級モデルは10万円くらいするのもあるのもうなずけそう…。

3シーズンジャケットのデメリット

カッパにも劣らぬ防水性があるなら、カッパがいらないってことでしょ!
いろんな温度に対応できるってことは…買えば無敵のライダーじゃん!

びしょ濡れの服でお店の中に入るようなマナーの無いライダーになってはダメだぞ!
どんなに防水性が高かろうと、カッパは必須だ!
また、ジャケット自体の重量が重たいので疲れやすいというデメリットが有る。

メッシュジャケット?3シーズンジャケット?

ん、それにしてもメッシュジャケットは夏向け。
3シーズンジャケットは春夏秋対応。
だったら、3シーズンジャケットのほうが良いんじゃないの?

そうなんだけど、夏の酷暑の快適性を追求するとメッシュジャケットに軍配が上がるんだよね〜。

レザージャケットの解説

続いてはレザージャケットだ。

かっこいいライダー!って感じで憧れる〜。

布の比類にならないほど頑丈で、オシャレだな。
ただし、値段の割に雨天の性能が高くないためロングツーリング向けではないな。
テキスタイル(布)の発展に押されつつあるように感じる。

ウィンタージャケットの解説

さて、最後にウインタージャケットの解説だ。

知ってる!イージスってのが良いんでしょ!?

確かにあれは耐寒性は素晴らしいがな。
プロテクターはついてない。

冬のライディングは寒いよね〜。

電熱ジャケットなど様々なアプローチで耐寒性を高めているな。

購入するのにオススメなのがコネクションジッパー付きのジャケットとパンツを購入することだ。
夏の装備ではあまり恩恵は無いが、冬の装備ではジャケットのめくり上がりによる寒さを防ぐ事ができる。

同メーカー製品のウインタージャケットとウインターパンツならば、ジッパーでつなぐシステムを導入しているメーカーが多い。
こいつはめくり上がりや隙間風を防ぐ効果が絶大なので、考えてみてはいかがだろうか。

チェーンブラシ買い忘れてませんか?