バイクでどっかいこ

47都道府県すべての珍スポット情報掲載中!

 - 猫猫バイク入門

バイク旅行での荷物固定や積み方はどうすればいい?

      2016/08/20

バイクツーリングの宿命、荷物の積載

IMG_20160705_182056.jpg

どうしよう…。亀拾っちゃった…。
亀って落ちてるもんなの…。
バイクの荷物の固定ってどうすればいいの?
亀のために教えてやるよ

ゴムロープ(ゴムコード)

IMG_20160521_171555.jpg

まずはベーシックなゴムロープでの積載方法だ。
ゴムコードと呼ばれていたりするが、ゴムロープと呼ぶぞ。
こんなゴムひもで荷物がくくれるの?

単一の荷物を縛るのは得意だが…

ゴムロープは一つの荷物を固定するのは得意だ。
しかし、複数の細々とした荷物を固定するのは苦手だ。
でもツーリング中、おみやげやらで荷物が増えるじゃ〜ん。
あらかじめ、大きなカバンを持っていく人にオススメだよ。

ゴムロープのメリット

手に入りやすく安い

ゴムロープはゴムロープだ!つまり手に入りやすいし安い!
上の写真の紐は99円であったぞ。
安いのは嬉しいね〜。

積載したカバンへのアクセスが容易

これからバイクでの様々な荷物の積載を紹介するが
一番積載したカバン内のの荷物の出し入れが容易なのがゴムロープだ。
地味に便利かも。

ゴムロープのデメリット

使い方にコツがいる

ゴムロープを使っての積載はコツが必要だ。

そーいえば、前に教えてもらったような…。

急に荷物が増えても「ゴムロープ」があれば大丈夫! 軽快な移動ができるバイク。 しかし、急な荷物の積載には困ります。 バイク用ネットも意外とかさばるため、原付バイクや1

ツーリングネット

IMG_20160209_163114.jpg

続いて、ツーリングネット。
ゴムロープでできた網だな。
こっちのほうが荷物の積載って感じがする〜。

複数の荷物を入れるのは得意だが…

ゴムロープのところで述べたように複数の細々とした荷物を固定するのは得意だ。
しかし、ボストンバッグのような長いものを入れるのは苦手だな。

ツーリングネットのメリット

積めば積むほど安定する

ツーリングネットは面で荷物を押さえるため、荷物を積めば積むほど安定していく。
荷物が増えそうなツーリングにピッタリだね!

ツーリングネットのデメリット

6箇所フックをかけるところがないといけない

ツーリングネットの難点はフックを6箇所かけるところが必要ということだ。
あ!僕のバイク、そんなにフックを引っ掛けるところがない!

タンクバッグ

続いて、タンクの上に積載するタングバッグのご紹介だ。

タングバッグのメリット

荷物のアクセスが超速い!

タンクの上にカバンを載せるという積載方法。
バイクから乗り降りせずにカバンの荷物を出し入れできる。
ペロッ!これは便利そう!

タングバッグのデメリット

車種を選ぶ

タンクバッグは磁石でタンクに固定するタイプ
吸盤で固定するタイプが主流だ。
あれ〜、僕のバイク、タンクに磁石がくっつかないよ〜。
タンクが樹脂製だと磁石はひっつかない。
吸盤性を使わざるを得ないのだが、吸盤性はやや信頼性に欠けるのも事実だ。

ププ〜〜〜〜。

タンクバッグ付けてハンドル切ったら、クラクションが鳴っちゃった。
タンクバッグはハンドルとの干渉もある。要注意だ。

パニアケース、ボックス

IMG_20150804_145004.jpg

最後にバイクに専用のベルトやステーを使用してケースを固定する方式の紹介だ。
旅のバイクって感じ〜。

パニアケース、ボックスのメリット

施錠できる

今まで紹介したバイクの荷物の積載方法はいずれも施錠ができない。
バイクに積載する荷物は盗まれても困らないものを、と言っても盗まれても良いわけではないだろう。
その点、パニアケースやボックスは施錠が出来る!
いちいち荷物を降ろさなくても良いから、心配症の僕にはピッタリ〜。

バニアケース・ボックスのデメリット

著しくバイクの美観を損なう場合がある

ボックスは確かに便利だ。
しかし、バイクの美観を損なう場合がある。
確かに写真のYZF-R25は最悪〜。

バイクの運動性を妨げる

ついつい荷物を入れすぎてしまう、ボックスやパニアケース。
荷物が多いとバイクの運動性を妨げたりするので注意だ。
リアタイヤが流されていく〜

パニアケースが引っかかってバイクが海に転落する有名な動画だ。
痛そ〜。

サイドバッグ・シートバッグ

DSC01052.jpg

サイドバッグ、シートバッグは施錠できない代わりに費用が安価になったパニアケース・ボックスと思ってくれれば良い。

まずはゴムロープから試してみては?

様々なバイクの荷物の積載方法があるんだね!
どれが良いんだろう?
どんなツーリングスタイルで行くのかわからないが、まずはゴムロープから試してみてはどうだろうか?
まず安価だ。
さらにパニアケースやボックスをつけたとしても
ゴムロープを利用して、リアシートの上に荷物をくくるということができる。

無駄になりにくいんだよ。
なるほど、ゴムロープを買ってきます。
急に荷物が増えても「ゴムロープ」があれば大丈夫! 軽快な移動ができるバイク。 しかし、急な荷物の積載には困ります。 バイク用ネットも意外とかさばるため、原付バイクや1

このブログで今週人気の記事です

最後までお読みいただきありがとうございます!
会社員一人で運営してるので、シェアしていただくと励みになります!

 - 猫猫バイク入門