ワークマンアンバサダーです!
意見求む!→

ラオスの首都ヴィエンチャンでレアいレンタルバイクに乗る

ラオスの首都ヴィエンチャンでレンタルバイクで走ってみました。
走っているバイクを見渡すとホンダのバイクが人気があるようでした。
ホンダのレンタルバイク屋さんもあったのですが…ちょっと変わったバイクを借りました。

スポンサーリンク

インドのメーカーのバイクを借りてみる

今回はヴィエンチャンのTVSモーターを取り扱う
「Motorbike Rental Laos」というバイク店でお借りしました。
フレンドリーな店員さんで借りやすかったですよ。
バイクのレビューは以下になります。

【スズキ+BMW】”TVSモーター”の「Dazz」に乗ってみた
今回はインドのバイクメーカー"TVSモーター"の「Dazz」というスクーターに乗ってみました。


「Dazz」という110ccスクーターで1日8万キープ(900円くらい)でした。
デポジットでパスポートを預ける必要があります。
一応、国際免許が必要です。(確認されませんでしたが)

ラオスの交通ルール

道路は右側通行です。
赤信号でも右折はしていいようです。
一応、首都なのですがタイのバンコクや台湾の台北のような
殺人的な交通量ではなく乗りやすかったです。

大した標識という標識も無く、めっちゃ簡単でした。

道路脇には砂が結構浮いているので、この上を走らないようにしましょう。
コケますよ。

ガソリンスタンドはジェスチャーでなんとかなりました。
市内にはガソリンスタンドはあまり無く、郊外の道路沿いにはたくさんありました。
4Lで5万キープ(600円)くらいでした。
ガソリンはあんまり安くないですね。日本と比べるとちょい高いかな。
バイクレンタルが8万キープと考えると
バイクレンタル代が爆裂的に安すぎる気がします。

なんもない首都ヴィエンチャンですが、メコン川沿いにはカフェやコンビニ、ガソリンスタンドがポツポツありました。

ラオスを走った感想

ラオスを走った感想として、みんなマッタリ走ってるような感じでした。
特筆することはありません。
バイクで観光施設に行くと駐輪代が5000キープ(60円)くらい取られますってことくらいかな。

どうでもいいけど、SNELLというブランドのヘルメットがラオスライダーの間では流行っている。
知らない人のために説明すると、”SNELL”という世界最高峰のヘルメット安全規格団体が実在する。
SNELLマークがついていることはヘルメットにとっては大きなステータスなのだが…。
ブランド名にしてしまうとは!?

タイトルとURLをコピーしました