バイクでどっかいこ

47都道府県すべての珍スポット情報掲載中!

 - 台湾の珍スポット、変わった観光地, バイク・バイク用品関係

【日本とぜんぜん違う】バイク大国「台湾」のバイク文化を感じた!

      2016/12/10

台湾のバイク文化

IMG_20160808_091030.jpg

オートバイの保有台数(2011年または2012年)は全世界で約2億から4億台と推定されており、中国に約1億台(1台あたり13人、以下同)、インドネシアに約7598万台(3人/台)、インド5192万台(20人/台)、タイ1924万台(4人/台)、台湾1514万台(1.5人/台)、日本1199万台(11人/台)、マレーシア1059万台(3人/台)、イタリア858万台(7人/台)となっている。台湾、インドネシア、マレーシア、タイは普及率が非常に高く道路はオートバイで溢れている。

オートバイ-wikipedia

台湾は人口あたりのバイク台数が世界一です。
というデータを見せられても、いまいちピンとこないので実際に見に行ってきました。

台湾ライダーの様子

IMG_20160807_142406.jpg

日本は人口あたりのバイクの台数はあまり多くありません。
しかし、台湾のバイクの多さはぶったまげます。
写真は信号待ちのバイクと二段階左折※のバイク。
幹線道路にはバイク専用レーンもあり、バイクが交通の肝になっていることがわかる。
※台湾の道路は日本と逆の右側通行。
バイク交差点を曲がるときは二段階左折でかならず曲がる。

IMG_20160807_142314.jpg

タンデムのカップル。リアシートの彼女はスマホをいじっている。
リアシートの人は走行中もスマホをいじっている。
台湾人は肝の座ってるな。

訪れた日、台湾ではポケモンGOによる交通違反が問題になっていた。
事実、運転中や信号待ちでスマホをいじる運転手をよく見かけた。

台湾」の動画 - Google フォト20160809070845.gif

交差点ではスピードを落とすこと無く、右折(日本での左折)していく。
しかも結構なインを攻めていく。
歩行者は気をつけないと轢かれてしまうので要注意だ。

台湾ライダーのバイクと装備

IMG_20160807_153819.jpg

バイクはほとんどがスクーター。
メーカーはKYMCO、SYM、YAMAHAが目立った。
次いでハートフォード、SUZUKIも多く見かけた。

IMG_20160808_090029.jpg

SUZUKIの「雄獅」という隼より名前では強そうな150ccネイキッドバイクもあった。

IMG_20160808_070649.jpg

車種で言えば、YAMAHAの「BW’S」が若者に人気がある。
これはよく見かけたぞ。

IMG_20160807_135652.jpg

バイクは庶民の足。
日本人のようにキチッとライダースジャケットを着込んでいる人は
台湾にいる時、一人しか見かけなかった。
南国でライダースジャケットは暑苦しいしね。

IMG_20160808_103424.jpg

ちなみにガソリンはオクタン価で注文する。
98が日本でいうところのハイオク、95は欧州車向けレギュラー。
92はレギュラーだ。

台湾ライダーのヘルメット

IMG_20160807_155913.jpg

バイクのヘルメットは量販店で半ヘルなら100元(300円)程度。
しょぼいジェットヘルメットならば300元(1000円)程度で購入できる。
台湾ライダーのヘルメットはノーブランドを被っている方が圧倒的に多かった。
ブランドヘルメットならばZEUS、HTTといった日本では馴染みの無いヘルメットを被っている方が多かった。
日本のAraiやSHOEI,OGKといったヘルメットを被っている人はほとんどいない。

IMG_20161106_114602.jpg

ヘルメットカーストとしては
Arai、SHOEI(←売っているのを中々お目にかかれない)>(越えられない壁)>OGK>KYT>HTT=ZEUS>Asia(Araiのパクリ)>Andes(Araiのパクリ)>サンリオキャラクターヘルメット
のような感じ。
日本のヘルメットより複雑だ。

IMG_20160807_151627.jpg

日本で言うところのNaps、にりんかん的なバイク用品店も一応あった。
取り扱う商品は量販店にあるようなバイク用品よりもワンランク上といった感じである。
Arai、SHOEIのヘルメットはそれよりもさらに上格な扱いで陳列されていた。

IMG_20161106_100907.jpg

IMG_20161108_202430.jpg

IMG_20161109_101054.jpg

「安全帽」というヘルメット店を小さな街でも見かけ、夜市でもヘルメットのお店が出ているところもある。
(台北市内の夜市ではあまり見かけなかったが…。)
そのくらい、ヘルメットは需要の高いものだ。

余談だが、レンタルバイク店でヘルメットも無料でレンタルできる。
駄ヘルメットだらけの中、まともそうなヘルメットを取ったが
どうにも頭が痛くて、安全帽屋で1800円くらいでまぁまぁ被り心地は良いヘルメットを購入した。

…という話をしたら、宿の台湾人の方に
「これだから日本人は金で解決するから困る。」と言われた。
台湾人の一般的なライダーからすれば、ヘルメットは違法にならないために頭にのけって置くもの程度のらしい。
いやぁ、カルチャーショックだ。

ジャケット前後ろ逆が台湾っ子流

台湾のライダーは肌寒い時、ジャケットを着るのですが…。
多くのライダーがジャケットを前後ろ逆に着ます。
つまりは”背中側を前に”ということです。
高い防風性を得るためにとても良い策なのですが、日本では全く見ない着方ですよね。

このブログで今週人気の記事です

最後までお読みいただきありがとうございます!
会社員一人で運営してるので、シェアしていただくと励みになります!

 - 台湾の珍スポット、変わった観光地, バイク・バイク用品関係