バイクでどっかいこ

世界中の珍スポットへ バイクメインの旅行ブログ

ワークマンの肌着で酷暑の中、血と汗を流し「日本一石段」に挑んだ!

      2017/10/18

ワークマンを「日本一石段」でテストしてきました

IMG_20160722_142001.jpg

作業着チェーン店舗数No1のワークマン。
雪山でワークマン製品の性能を挑み、走破しました。
では、夏の酷暑は?
ワークマン肌着を身につけ、熊本県にある「日本一石段」(御坂遊歩道)に挑んできました。

 - 熊本県の珍スポット、変わった観光地, バイク・バイク用品関係 , ,

日本一の石段に挑む

IMG_20160722_124942.jpg

ここが「日本一石段」である。
段数3333段の石段であり、標高約900m登る「釈迦院」へと続く参道である。
現場作業も飽きるほど階段の昇降を繰り返す。
ワークマン製品を試すのにピッタリの場所だ。

IMG_20160722_142001.jpg

今回着用したのが、ワークマンの「肌サラ長袖Tシャツ」である。
非常に先進的な素材を使い、”サラサラっぷり”に徹底的なこだわりを持った商品である。

IMG_20160722_125114.jpg

IMG_20160722_125226.jpg

登るとすぐ広場につく。

IMG_20160722_125305.jpg

「牛の護」というこの地の守護する黒牛に乗った神の使いの社があった。
ちなみにここポケストップである。

IMG_20160722_125513.jpg

300段目。
100段毎に石碑がある。

IMG_20160722_125627.jpg

400段目。
読者様に私と同じ苦痛を受けてもらうため、石弾写真多めになる。
こんなタイミングであるが、ご了承いただきたい。

IMG_20160722_125804.jpg

500段目。
作った人も大変だなと思う。

IMG_20160722_125916.jpg

600段目。
コメントも尽きてきた。

IMG_20160722_130024.jpg

700段目。
汗がかなり出てくる。

IMG_20160722_130146.jpg

800段目。
帰りてぇなと思ってくる。

IMG_20160722_130445.jpg

900段目。

IMG_20160722_130604.jpg

トカゲに遭う。

IMG_20160722_130621.jpg

1000段目。

IMG_20160722_130616.jpg

1000段だけに栴檀の木があった。
ゾクッとした。

IMG_20160722_130755.jpg

1100段目。

IMG_20160722_130759.jpg

なんだか一段の幅がやたらとデカくなってきた。

IMG_20160722_130954.jpg

1200段目。

IMG_20160722_131525.jpg

1400段目。
ヘトヘトで1300段目の撮影を忘れる。

IMG_20160722_131646.jpg

1500段目。

IMG_20160722_132101.jpg

1700段目。
1600段目を忘れる。

IMG_20160722_132242.jpg

1800段目。
ここらへんからゾーンに入ってきて、あまり苦痛を感じなくなってくる。

IMG_20160722_132327.jpg

ここらで一旦、石段がなくなり平坦な道が続く。
早く石段を攻略させてくれよ。

IMG_20160722_132543.jpg

「たけしの元気が出るテレビ」で紹介されたらしい。
出る出ない以前に元気がなきゃ登れねーよ。

IMG_20160722_133217.jpg

1900段目。

IMG_20160722_132637.jpg

2000段目。
栴檀の木が2本…なかった。

IMG_20160722_133512.jpg

2100段目。

IMG_20160722_133608.jpg

近所の高校の運動部のトレーニングに遭遇した。
すれ違う高校生が「こんちわ!」「お疲れっす!」と元気な声をかけてくれた。
僕も「こんにちは」「お疲れ〜」と返事を返した。
強豪校なのだろうか、50人以上はすれ違った。

50人以上に返事をするのに結構エネルギーを使ってしまいゾーンが終わってしまった。

IMG_20160722_133752.jpg

2200段目。

IMG_20160722_133925.jpg

部活組の後続グループに遭遇した。
女子マネージャーらしき子が二人いて、「今会いたい人いる?」「いな〜い」とか女子トークを繰り広げていた。
余裕あんな。どんだけ健脚な女子だよ。

IMG_20160722_134154.jpg

2400段目。
ヘトヘト。
スマホのカメラも疲れてきてピントが合わなくなってきた。(嘘)

IMG_20160722_134452.jpg

2600段目。

IMG_20160722_134613.jpg

2700段目。
ゴールも近い。

IMG_20160722_134752.jpg

2800段目。

IMG_20160722_134930.jpg

2900段目。
ゴールしても降りなきゃなんねーのかと鬱になる。

IMG_20160722_135114.jpg

3000段目。

IMG_20160722_135254.jpg

3100段目。

IMG_20160722_135435.jpg

3200段目。
ゴールが見えてきた。

IMG_20160722_135620.jpg

3300段目!!!

IMG_20160722_135652.jpg

3333段目!ゴール!
びっくりするくらい何もない。

IMG_20160722_135922.jpg

IMG_20160722_135852.jpg

流石に35℃を超える酷暑の中3333段歩けばワークマンの速乾シャツであろうと汗でビシャビシャになった。
しかし、綿シャツのような不快な貼り付きはない!
ハードな環境であったが「肌サラシャツ」は健闘してくれた。

IMG_20160722_141419.jpg

あー、3333段降りなきゃなんねーのか…。

IMG_20160722_131954.jpg

この「日本一石段」ではレッドブル主催で”レッドブル白龍走”という大会が行われている。
石段を登って降りるタイムを競うのだが、26分56秒が最速記録だそうだ。
ちなみに私は2時間半かかった。

体がボロボロになった

IMG_20160723_210739.jpg

日本一石段を登り、3日は筋肉痛になった。
登っている最中、なぜか膝の裏から流血もした。
運動の苦手な男の壮絶な戦いがここにあった。

住所:熊本県下益城郡美里町坂本

 - 熊本県の珍スポット、変わった観光地, バイク・バイク用品関係 , ,

このブログで今週人気の記事です