バイクでどっかいこ

世界中の珍スポットへ バイクメインの旅行ブログ

【インプレ】スズキ「GSR250」はじっくりツーリングを楽しむライダー向けバイクと感じた

      2017/01/13

激化する250ccクラスバイク商戦の中の異端児

IMGP1524.JPG

HONDAのCBR250R、YAMAHAのYZF-R25,Kawasakiのninja250。
どれもフルカウルのバイクばかりですが、SUZUKIはなんとも独特なスタイリングのGSR250と発売しています。
我が道を行くSUZUKIの250ccバイク、果たしてどんなバイクなのでしょうか?
GSR250サイト

 - バイク・バイク用品関係

スタイリング、グレードについて

IMGP1517.JPG

ボディ全体が独特の曲線によって作り上げられるGSR250。
教科書通りにカテゴライズするならばネイキッドバイクなのだろうか。

さて、GSR250にはGSR250、GSR250S、GSR250Fの3種類がある。(以後、無印、S、F)
今回はSに乗せていただいた。
S,Fは無印の上位モデルに当たるわけだが
Sはウインドスクリーン
Fはウインドスクリーンに加えて足を風から守るフロントカウルが装着されている。
また、3モデルそれぞれ異なるハンドルが装備されている。

無印はオールマイティ、Sは下道ツーリング寄り、Fは高速道路を利用したロングツーリングを想定されているように感じる。

なお、ウインドスクリーンはかなり短い。
申し訳ないが風防効果はかなり低い。
ウインドスクリーンがついているからSを選ぶというより
バーハンドルがついているからSを選ぶの方が懸命である。

IMGP1520.JPG

やはり目を引くのは車格の大きさだろう。大型バイクとうっかり見間違えそうだ。
ロングホイールベースのおかげで安定性は抜群。
振動もあまりなく、疲れない、排気音もかなり静かだ。

シートは厚め。
170cm程度の私で足つきは片足ベタ付き、両足だとかかとが浮く程度であった。

走行性能

IMGP1512.JPG

2000から5000回転でコントロールする感じのエンジンである。
6000回転以上からはもた~っと速度が上がっていく。
実用的な最高速は100km/hくらいだが、直線で引っ張れば110以上いくかなといったところ。
とりあえず高速道路の流れに乗れる速度を出せるという感じだ。

コーナリングも鋭いコーナリングというわけではないが
NC750Xのような良い意味で自然にのんびりバンクしていく感じだ。
タイヤサイズについてはninja250、YZF-R25と比較するとリアタイヤは同じなのだが、比較モデルよりフロントタイヤの扁平率が高い。
よって、GSR250のアップライト感が高く、足つき性を底上げしている。
ハンドルへの振動が少ないのも、このタイヤセッティングのおかげではないだろうか。

燃費

IMGP1518.JPG

低燃費を売りにしているこのバイク。
最近の流行りでもある燃費計がついていない。
計測してみると、実燃費は30.8km/lであった。
※走行距離(km)/給油量(L)にて計算

今回は高速道路と下道ごちゃまぜでの計測であったが、YZF-R25の実燃費の33.0〜35.0km/Lよりも下回る結果となった。

ディスプレイに燃料計があるが、かなりブレがある。
残り1目盛りから突然、3目盛りにまで増えたりしていた。

GSR250のデメリット

IMGP1513.JPG

ロングホイールベースのうえ、シート下につかむ場所がないため取り回ししずらい。
センタースタンドを利用する際、シート下につかむ場所があるとないとでは安心感が違うのだが…。
この部分は非常に残念だと思う。
※無印にのみシート下に掴む部分がある、セパレートハンドルだからだろうか?

参考
女性でもできる!怖くないセンタースタンドのおろし方のコツ

IMGP1521.JPG

ツーリングマシンとして作られている割にはフックをかける部分が少なく、工夫が必要です。

さいごに

メリットとしては安定性、快適性、低価格が挙げられるのバイクだ

250cc相応の燃費の良さも持っている。
ちょっぴりいたずら心でかっ飛ばす若きバイクではなく、落ち着いてツーリングを楽しむ大人のためのバイクという印象を受けた。

GSR250は中国製であり、品質を不安視する方も居られる。
2015年2月現在、このバイクはリコールが発生していない。
それを考慮すると品質は安心できるだろう。
※CBR250R、ninja250、YZF-R25はいずれもリコールが発生している。

2016年11月3日にリコールが発生しました。
GSR250のリコールについて

ちなみに噂ではこのGSR250は押しがけできるらしい。
試し忘れたが、乗る機会のある方は試してみてはいかがだろうか?

「GSX250R」について

2017年4月にGSX250Rが発売予定です。

GSR250の主要諸元GSX250Rの主要諸元を見比べればわかるのですが
スペック的にはGSR250≒GSX250Rと言えます。
GSR250Fよりも車重を11kg軽減出来ているそうですが
それでも国産現行250ccレーサーレプリカバイクの中では一番車重が重いのでちぐはぐ感が否めない感じです。

GSR250は良いバイクです。
が、GSX250Rのようなレーシーなスタイリングに
GSR250のエンジンを載せるのは個人的に違うよな~って思います。

 - バイク・バイク用品関係

このブログで今週人気の記事です