バイクのヘルメット、どう持ち運ぶか考える

バイク・バイク用品関係ヘルメット

バイクにヘルメットホルダーがついているものですが…。
高級なヘルメットの盗難が怖い方は持ち運ぶという手段があります。
といっても、ヘルメットはデカイ!
ヘルメットの持ち運び方、考えてみました。

ヘルメットをリュックに入れる

クソでかいリュックを用意してヘルメットを入れます。
これはあんまりオススメしません。(笑)
ヘルメットを入れることありきのリュックなので、デカすぎて日常で使い勝手が悪すぎます。

リュックにヘルメットを装着する

KAKA 40Lバックパックには(なんに使うかわからない)カラビナ付きベルトがあります。
このカラビナ付きベルトにヘルメットのシールド部分を通して
装着することが出来ます。
ヘルメットがむき出しになり、傷が怖いって人は
ヘルメット購入時に付いてきた
ヘルメットバッグに切り込みを入れて加工して
ヘルメットバッグに入った状態でこのベルトに装着すれば大丈夫です。

KAKA バッグは結構重い

実はこのKAKAのバッグ、ヘルメット装着バッグとしては
便利なのですが、重厚な作りのためバッグ自体の重量が約1kgほどあります。
これってバックパックとしては結構な重さです。
そこがデメリット。

バックパックに入れることを考慮してヘルメットを買う←???

バックパックに入れることを考慮してヘルメットを買うという
手段と目的が逆転している方法もオススメです。
帽体の小さいヘルメットを購入しましょう。
インナーバイザーが付いていないモデルやメーカーで言うならAraiやBELLなんかが小さめです。

バイクでどっかいこのSNSです

運営者情報

米田昌平 サイト運営者:米田昌平
レンタルバイクを駆使することで
会社員でありながら
2ヶ月に1度は海外ツーリングを楽しんでいます 著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!