バイクでどっかいこ

世界中の珍スポットへ バイクメインの旅行ブログ

シンガポールの「猫の博物館」は世界最高峰レベルの猫カフェ!成猫から子猫まで遊べる!

      2017/05/21

猫はかわいい、世界共通概念

IMG_20170511_165249.jpg

猫はかわいい、それは世界共通の概念であり、世界の真実なのです。
シンガポールにある「猫の博物館」
そのアカデミックな名前とは裏腹に成猫から子猫まで無制限に戯れられる素晴らしい猫カフェなのです。

※喫茶要素はありませんが、猫と戯れれる施設として”猫カフェ”という呼称を独自に使っています。

 - シンガポールの珍スポット、変わった観光地

シンガポールには地域猫が多い

IMG_20170510_090948.jpg

ゴミをポイ捨て、チューイングガムを噛むことだけでも捕まるシンガポール。
なのに街を歩くと結構、野良猫を見かけます。
この野良猫達をよく見ると左耳の先端が切り取られています。
これは避妊手術をされた猫の証であり
この猫は地域猫として周辺の人々に餌付けされ、ケガや病気の際には病院に連れて行ってもらえます。
人間より贅沢だ!

IMG_20170510_185857.jpg

猫はかわいいから守られるべきなのですが…。
シンガポールの語源である”スィンガプラ”は「ライオンの町」という意味で
シンガポールのシンボル、マーライオンもライオンに関する伝説から来ています。
また、シンガポール原産の猫の品種”シンガプーラ”という猫もいます。
シンガポールは猫科に関わりの深いお国なのかもしれませんね。
IMG_20170510_090620.jpg IMG_20170511_211244.jpg

ところでシンガポールの野良猫、三毛猫をはじめとした日本猫多くない?

「猫の博物館」は狭い入り口

IMG_20170511_182421.jpg

さて、「猫の博物館」の入り口は相当狭いのでうっかり通り過ぎないようにしましょう。

IMG_20170511_162203.jpg

入り口に向かう階段にはすでにぬいぐるみのようなもふもふの猫が寝ていました。
そして、スタッフの方に12SD(1000円くらい)支払い靴をコインロッカーに入れて、進みます。

IMG_20170511_162858.jpg

廊下にもおそらく妊娠中であろう丸い猫がうろついていました。
おもちゃで遊んでやるとお股をおっぴろげて喜んでいました。

成猫と遊ぶ

IMG_20170511_163308.jpg

まずは成猫部屋に案内されます。

IMG_20170511_163426.jpg

なぜでしょうか、ここの猫、日本の猫よりも一回り大きく感じます。

IMG_20170511_165249.jpg

ネクタイをつけてビシッと決めた猫もいれば

IMG_20170511_164421.jpg

窓からの景色も合わさって貴婦人のような猫もいました。

IMG_20170511_163514.jpg

当然、猫の博物館だけあって壁には猫に関する資料がたくさん貼られていましたが
それに目をやる人はおらず、みんな猫と遊びまくっています。

IMG_20170511_165005.jpg

・猫ってホントに9つの命があるの?
・そんなわけありません。
けど、他の生き物ではとても助かりそうもない危険から猫は生き延びることができるからそう見えるのでしょう。
これは猫の素晴らしいセンス、筋力、バランス感覚、反射神経によるものです。

IMG_20170511_165534.jpg

その次の部屋ではどんな猫が待っているのでしょうか?

幼さが残る猫と遊ぼう

IMG_20170511_170125.jpg猫博物館」の動画 - Google フォト20170520110046.gif

次の部屋は成猫一歩手前の幼さがまだ残る猫と遊べます!

IMG_20170511_170558.jpg

IMG_20170511_170302_1.jpg

この子はスゴイ懐いてくれて、めっちゃ遊びました。
するとスタッフの方が「His name Anakin!」と言いました。

IMG_20170511_170717.jpg

この子の名前はスターウォーズの登場人物のアナキンスカイウォーカーだそうです。
なんとも強そうな名前だこと。
(ちなみにこの猫の姉の名前はジャージャービンクスだそう。
アナキンスカイウォーカーとジャージャービンクスってバランス取れてないな!)

ちなみにこの猫の博物館は里親募集もしているそうです。

IMG_20170511_164359.jpg

・どうやって猫は爪を尖らせるの?
・猫は爪を尖らせるために研ぎます。
猫はいろんなものを爪を研ぎます、家具だってね。
爪とぎ用の道具を置いとくと良いでしょう。
爪をとぐことでシースと呼ばれる古い膜を爪から剥がします。

子猫と遊ぼ

IMG_20170511_175748.jpg

最後は乳離したばかりの子猫部屋です。

IMG_20170511_174638.jpg

この部屋では人間はなるべく座っていないといけません。
しかし、子猫が活発に動き回るのですべての子猫と触れ合うのはそう難しくないです。

IMG_20170511_174841.jpg

この子はずっと爆睡していましたが…。

IMG_20170511_181130.jpg

子猫部屋の奥にはまだ乳離していない子猫と親猫がいました。
この猫達と触れ合うことはできませんが、遠目に見ても癒やされます。

オッドアイズ猫もいたぞ

IMG_20170511_181844.jpg

最後に出口の付近にはオッドアイズの猫もいました。
成猫から子猫、さらにはオッドアイズまで触れ合えるなんてほんと世界最高峰の猫カフェだと思います!
ただ一つ残念なのが、シンガポール原種のシンガプーラがいなかったところです。
シンガプーラ、見てみたいなぁ。

「The Cat Museum」
住所:8 Purvis St #02-02, シンガポール 188587
営業時間:月〜水:休み、木金、16:00〜19:00
土日:13:00〜15:30、16:00〜19:00
入場料:12SD

 - シンガポールの珍スポット、変わった観光地


このブログで今週人気の記事です

まだデータがありません。