大型自動二輪免許取らなくても良いんじゃないの…?

2019年5月8日バイクハック

大型自動二輪免許を取ろうか悩んでいる人に
大型自動二輪免許の取得、大型バイクを乗ることを勧める記事をたまたま見かけました。

普通自動二輪免許持ってるんだけど
大型自動二輪免許取得するか悩んでいるなら
「とりあえず、国際免許で海外で大型自動二輪運転してみたら?」って勧めます。

最近の人気記事

ワークマン
米田昌平
サイト運営者:米田昌平
日本2周分、訪問国15カ国くらい
約7400か所の珍スポット的なところに行く
アメリカ/タイ/台湾/韓国
バイクツーリング歴有り
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報

普通自動二輪車免許で大型バイクをレンタルして試せる時代なのですよ

こちらの記事では、大型バイクの良さを中型バイクに乗られている方に
排気量マウント以外の視点で勧める記事になっています。
要約すると
「排気量の違いによるキャラクターの違いを知って
今の中型バイクで必要十分と判断するか
それともビッグバイクにステップアップする判断をしてみても良いんじゃないの?」

という記事です。

ここは全面的に同意です。

しかし、「じゃあ大型二輪免許を取得しましょう」ってのはちょっとどうかな~と思います。

日本って大型二輪免許、取得しづらいよね

大型バイクのMT-09というバイクが欲しいなぁと思って、大型二輪免許取得したとします。
取得して、試乗して「MT-09、やっぱ俺にはちょっとキツいな~」って内心、思いました。
大型二輪免許取得のために10万円近く支払ってるのですよ。
”仕方なくを購入する”“免許取得費用を無駄にした”の2択になっちゃうわけので
大型バイク免許にステップアップしづらいんですよ。

だったら、海外で大型バイク試してみようよ

日本では”普通自動二輪”と”大型自動二輪”で免許区分が分かれているのですが
国際免許証においては”バイク”の免許という区分しかないため
”普通自動二輪車”の免許を持っていれば国際免許証では、海外で大型二輪を運転することができます。

ちなみに台湾は国際免許証が有効ではありませんが、普通自動二輪車で550ccのバイクを運転できます。
550ccなんてマイナーなバイクばっかりですけどw
(それ言ったら、日本の400ccもマイナーバイクなんですが。)

「おいおい、海外行けってどんなリッチマンなんだよ」って思われますけど
飛行機代って大型二輪免許取得費用くらいである10万円あれば割とどこでもいけますし
レンタルバイク費用は日本も海外もそんな変わりませんし。

その結果、「大型バイク良いじゃん!」って思えたら
大型二輪免許取得したら良いですし
武勇伝も増えるので良いんじゃないでしょうか。

さすがに海外ツーリングは…って人はハーレーのイベントへ

さすがに海外ツーリングは…って人はハーレーのお店が
普通自動二輪で大型二輪であるハーレーのバイクを試乗できるイベントをたまに開催しています。
お近くのハーレーへどうぞ。

キャラクターの違いを使い分けるような乗り方…公道でする?

排気量が大きいことのメリットって
公道下においてはぶっちゃけ、高速巡航時の疲労感が少ないってくらいなんですよね。

現行で市販車の大型バイクってどれも一般人が扱えるようになっています。
「このバイクのエンジンはピーキーすぎて俺にしか扱えないぜ…」ってバイクはまず無いですよ。
H2ですら、(過給機回ってなかったら)乗りやすかったですし。

日本の法定速度キチンと守るなら400ccで十分です。
デザインとか制動力とかサスとかタイヤのグレードは排気量関係無いですし。
例えば、Z900RSがめっちゃかっけぇ!欲しい!手に入れざるを得ない!って人は
Z900RS買ったら幸せになれると思います。
それは買うべき。

バイクのエンジンのキャラクターをわかるべきだ!って話を是とすると
現行市販車で最高出力のバイクを手に入れたら
最高出力を出せるライダーにならなきゃいけないので。


関連記事です。
公道で走るだけなら、ライテクいらないよね~って話です。


長距離巡行、楽にするために排気量のデカいバイクが必要?
そもそも長距離巡行をやめて、現地でバイクを借りるのも手ですよ。

愛車の盗難保険、距離無制限のロードサービスはZuttoRideClubだけ!

バイクでどっかいこのSNSです

お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!