バイクでどっかいこ

47都道府県すべての珍スポット情報掲載中!

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険

      2017/07/02

Uターンはできると便利だぞ

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険

あ!今、ツーリングの目的地通り過ぎちゃった…。
バイクでUターンするの怖いんだよなぁ
とりあえず、どこか方向転換できそうな広場を探すか…。

【方向転換できそうな広場を探して直進…】

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険

あれぇ、もう10km以上走ってるのに方向転換できそうな広場がないぞ…。
ええい!怖いけどUターンやってみるかぁ!!

ガシャーン!!!!!!!

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険

レバー折れた。

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険

Uターンの練習しましょ。

 - 猫猫バイク入門

バイクでUターンって怖いよねぇ

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
それにしても、なんでバイクでUターンはあんなに難しいんだろうか?
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
バイクは車体を傾けてコーナリングするわけだけど
アクセルワークとブレーキ操作をするとバイクは直立しようとするんだ。
バイクを傾けたいのにバイクは立とうとする、このジレンマをうまく攻略しないとね。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
ほぇ、まるで禅問答だなぁ。

バイクで”U”ターンはできない!

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
これは個人的な意見だが…。
バイクで”U”ターンはできない!
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
え…。
じゃあこの記事、もう終わっちゃいますよ。

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
よく見て、”U”じゃないよ
僕の言っていたUターンのUは”U”と”V”の中間のカクカクした”U”っぽい記号だよ。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
は?
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
”U”ターンって言うとなめらかな曲線の軌道を描くようなイメージになるけど
実際は細かくカクッ!カクッ!と曲がるような感じをイメージするとバイクのUターンは楽になる。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
そんなもんなんすかねぇ。

実践!バイクでUターン!

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
さて、イメージトレーニングも済んだことだしUターンの練習をしてみよう。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
あれがイメージトレーニングなのかなぁ。

まず、数十cm、徐行で直進します

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
まず、数十cmほど時速1〜5km/hくらいの超徐行で直進しよう。
ちなみにアクセルを開けた際にバイクが起き上がり、直進しようとする動きが生まれる。
ハンドルを切った状態でアクセルを開けるとちぐはぐの挙動になる。
それはちょっと怖いから初心者にはおススメしない。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
そろ〜
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
そして、リアブレーキで車体の動きを止めます。
この時、フロントブレーキは使用しないこと!※
てゆーか、Uターンの際にはフロントブレーキは使いません。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
ちょうど、フロントブレーキのレバーが折れてたからちょうど良いや。

※フロントブレーキを使うとフロントサスが縮み、次の動作の阻害されます。

ハンドルをフルステアします

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
リアブレーキで時速0になった刹那、曲がりたい方向にバイクを傾けていくよ。
それに伴って、ハンドルをフルステア(全切り)するよ。目線はUターン先ね。
この時、体はリーンアウト(Y字バランス)すると良い感じ。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
フルステアなんてこのバイク乗って初めてだぁ…。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
バイクが倒れるから、それを防ぐためにアクセル空ぶかしして、じわっとクラッチを繋ぐ。
バイクに直立する力と前に行く力が働く。
前に行きすぎそうになるからリアブレーキでコントロール…。
・倒れそうなる→クラッチを繋ぐ
・前に行き過ぎそうになる→リアブレーキ

小刻みにこれを繰り返す…。

※排気量や気筒数によっては”半クラでつなぐ”だけとか”アクセル少し開+半クラ”が良かったりします。
この辺は練習しかないです…。

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
おっとっと、あっ、でもなんかイケそうな予感!

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
ははは!!あーはー!!
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
やったぜ。

排気量が大きく、車重が重くなるほどUターンは難しくなる

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
補足説明をします。
排気量が大きく、車重が重くなるほどUターンは難しくなります。
エンジンパワーが大きいためアクセルワークが小刻みにする必要があり
リアブレーキをかけた際、慣性の法則によってより強い力が働きバイクを直立させようとします。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
125ccスクーターでUターンなんて余裕のよっちゃんだよね。

両足プラプラは危険

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
それにしても、前は怖いから両足をバイクのステップから外してプラプラさせながら恐る恐るUターンやっていたんだよ。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
Uターンする際にどちらに転倒するかわからないから両足をプラプラさせる人は多い。
しかし、両足プラプラさせるとリアブレーキがとっさの時に踏めないのでフロントブレーキを使用するはめになる。
Uターンはビックバイクになるほど細かなアクセルワークが必要となる。
それなのにフロントブレーキとかいう
右手を使うがゆえにアクセルワークと共存できないブレーキを使ってしまう。
さらに制動力が強すぎるフロントブレーキを使うとUターンができなくなってしまう。
足をプラプラさせとけば安全だろうと思うけど、実はその足プラプラがUターンを危険かつ難しくしている。
本人は安全な姿勢を取っているのに怖く感じる→Uターンは難しい!と思ってしまう負のスパイラルに陥るんだ。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
でも、両足を出しているとどっちに倒れても足が地面につける…。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
そもそも、Uターン時に内側にコケてしまうというのならわかる。
しかし、外側に倒れてしまうのはフロントブレーキを握ったせいで強い制動力が生まれ
ハイサイド気味に転倒する時しかありえない。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
ぐぬぬ…。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
それに両足プラプラしてたら、いざ転倒しそうな方向に足を出しても
腰が入らないから、転倒しそうなバイクを支えるほどの力が込めれないでしょ?

さいごに

ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
今回は動画も作ってみたので合わせて観てみてね。
って、あいつもうどっかいきやがった。気が早いなぁ。
ツーリングの便利なテクニック「Uターン」をマスターしようよ!※両足プラプラは危険
ん?これは折れたブレーキレバー?あっ…

 - 猫猫バイク入門

このブログで今週人気の記事です