ワークマンアンバサダーです!
意見求む!→

【リモコン付いてて良いぞ】高コスパ4Kアクションカメラ「AKASO EK7000 4K WIFI」

安価なアクションカムも品質向上が著しい

今度、台湾ツーリングに行きます。
せっかくなのでアクションカメラを購入してみました。
GoPro風アクションカム「AKASO EK7000 4K WIFI」という製品です。
8000円程度です。
それにしても、Amazonには今安価なアクションカメラがゴロゴロしてますねぇ…。

スポンサーリンク

パッケージから高級感が溢れている

もう一度、パッケージ写真。
高級感がスゴイです。
家電量販店の棚に置かれて2万円って値札がついてても納得しちゃいそうです。

ちなみにこちらが2013年ごろに初めて購入した安価なアクションカメラです。
13000円くらいでした。
しかし、不良品で最初から起動できませんでした。
「お前のどこが”アクション”なんだ。」と突っ込んだ記憶があります。

カメラ外観と付属品について

こちらが防水ケースに入った状態のカメラ。
入れた状態でもすべてのボタンを操作できるようになっています。
ただし、防水ケースに入れた状態ではケーブル類を挿すことはできません。

防水ケースから出した状態のカメラ。
ジッポーライターを厚くしたくらいの大きさ。
充電端子はmicroUSB。
出力としてmicroHDMI。
記憶媒体はmicroSDを使用します。
このカメラ「1080p@30fps」、「1080p@60fps」、「4K@25fps」での撮影が可能です。
しかし、8GB Class4のmicroSDカードを挿すと「1080p@30fps」でしか撮影ができませんでした。
16GB Class10のmicroSDカードを挿すとすべての撮影が可能です。
microSDのスペックで機能が制限されるようですね。

カメラは専用アプリを介してスマホとwifi接続できます。
しかし専用アプリの出来があまり良くなく、接続がスムーズでなかったりすぐに途切れたりしてストレスを感じました。

下部の箱にはマウントパーツ等がぎっしり入っています。

たくさんのマウントパーツ。
パイプマウントや接着マウント、ベルトマウントにクリップマウントがあります。
これを全部活用するということは無さそう…。

充電アクセサリーと予備バッテリーが1つ付属しています。
バッテリーは5時間充電で連続1.5時間撮影が可能とのこと。
充電しながら撮影が可能です。

一番のセールスポイントはコイツですね。

ビデオの録画開始、停止。
カメラの撮影。
カメラのシャットダウンが可能なリモコンが付属しています。
ビデオ録画中に”カメラ撮影”ボタンを押しても、静止画撮影はできません。
ちと、残念。

撮影機能

撮影機能は動画撮影、写真撮影、タイムラプス撮影です。
動画撮影は充電しながらループ撮影ができるのでドライブレコーダーとしても活用が可能です。

一番なめらかな「1080p@60fps」での撮影テスト
※youtube動画上の設定より60fpsに設定変更してください

台湾の過激な「鹽水蜂炮」(ロケット花火祭り)での撮影
耐えてくれましたのでタフさも証明できましたw
https://tinspotter.net/taiwan/tainan/6335/

一番高画質な「4K@25fps」での撮影テスト
※youtube動画上の設定より4K画質に設定変更してください

ちなみにこちらは静止画。
拡大すると粗さが目立ちます。

まとめ

アクションカメラのいろんなエントリーモデルがあります。
そのいずれもがマウントパーツがたくさんついていて、工夫すればあらゆる箇所に取り付けられそうです。
ただし、リモコンがあると無いとは全然違います。

動画の長さは短いほうが後から編集とかするときに楽ですし、観るのも楽なんです。
リモコンで欲しいシーンだけ録画できる「AKASO EK7000 4K WIFI」オススメできます!

GP(GoPro)規格です

GP(GoPro)規格なので、同規格のマウントアクセサリーを使用することができます。
GP規格のマウントアクセサリーはたくさんありますが…。この製品、延長バーが入っています。
これがアングルにかなり変化を与えてくれるので、面白いアイテムです。

タイトルとURLをコピーしました