バイクでどっかいこ

47都道府県すべての珍スポット情報掲載中!

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

      2017/04/10

買った時には気にならなかったけれど…

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

キュルルル…。キュルルル…。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

あれ?エンジンがかからない…。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

中古バイク買ったんだって?

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

買ったんですけど、エンジンがかからなくて…。

 - 猫猫バイク入門

中古バイクはデンジャラス!?

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

中古バイクを買うときには注意しろって以前、言ったでしょ。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

買っちゃったもんは買っちゃったんだも〜ん。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

まぁ、125ccや250ccは日本で車検いらずで人気のある排気量クラスだ。
しかし、車検がないが故にとんでもない状態のバイクも多くあるってのも頭に入れておくべきだな。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

(車検がいらないから中古バイク屋で一番安い250cc速攻で買っちゃった…)

中古バイクを買うべきでない理由と中古バイクの選び方

買う前にチェックしておくポイント

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

そもそも、バイクにせよ車にせよ消耗部品はが消耗すれば交換しなければならない。
消耗部品が交換時期によるトラブルは厳密にはトラブルとは言えないかもしれないな。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

でも、中古バイクって普通またがらしてくれるところがせいぜいだよ〜。
試乗どころかエンジン始動もさせてくれないよ〜。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

だから、中古車選びの際は外観で見てチェックできるポイントを確認しておこう。

サスペンションにサビがあるか

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

フロントフォークのインナーチューブ、リアサスのロッド(しゃがみこまないと見えないよ)にサビがあるかないかチェック!

・サビが無くピカピカ→外観上はサスペンションに問題なし。
・サビがちょっとある→買ったらすぐサビ落としてやるなら問題なし。
・サビサビ、もしくはオイルのようなものが滲んでる→10万円くらい交換にかかるよ。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

このバイク、サスの良し悪しチェックできない!

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

軽排気量バイクはサスペンションに汚れ防止のカバーがつけられていることがある。
この場合、外観上のチェックはできない。

チェーン・スプロケット

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

チェーンは波打ってないかチェックだ。
チェーンは丸い部分と丸い部分が一直線になるはずだが、波打っていればダメチェーンだ。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

これがダメスプロケット。
忍者に持たせれば手裏剣にも使えそうなほどチビている。
新車のバイクのスプロケットと比較したら、ダメさがわかるだろう。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

チェーンと前後スプロケットはセットで交換になる。
というより、それをしようとしないバイク屋は変なバイク屋だ。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

お値段は?

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

排気量やチェーンのグレードによるが数万円。

タイヤ

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

タイヤは経年劣化でヒビ入ってないか?
タイヤの溝が残っているかチェックだ。
タイヤの側面に△マークがあって、その直線上にタイヤの溝をチェックするスリップサインがあるぞ。

走行距離には注意した方がいい?

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

ふふふ、僕もバカではないのだよ。中古バイクは走行距離に注意しなければならない!

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

いや、いくら走ったか?よりどんな人に使われていたか?が問題なんだ。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

へ?

ACROSS PROFILE

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

こちらのサイトの方、アクロスという250ccバイクで30万キロ走り、今もなお走り続けているバイクだ。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

30万キロでも走るんだ…。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

そう。30万キロ走ってもキチンと整備をしていればバリバリ走る。
逆もしかり、走行距離1万キロ以下でも全く整備されなかったらダメダメバイクだ。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

へ〜。

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

そのバイク店に、「このバイクはこのお店で最初から最後まで整備されたんですか?」って訪ねてみよう。

バイク店員や詳しい知人に聞こう

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

チェックポイントなんて、枚挙にいとまがない。
バイク整備を自分でする知人がいればその人のチェックを頼むのが一番良い。
もしいないのならば、店員に「交換しといた方が良いものって有りますかね?」と聞こう。
「交換しないと悪いものって有りますかね?」と聞くと商売上、「ある」と答えにくいだろうしね。

結論:詳しい知人に頼むのが一番良い

ハズレをなるべく引かないための中古バイクの外観チェックポイント!

なんじゃそりゃ。

 - 猫猫バイク入門

このブログで今週人気の記事です