バイクでどっかいこ

47都道府県すべての珍スポット情報掲載中!

高鍋町は自作の石像に見守られている「高鍋大師堂」

      2017/01/22

高鍋町の台地にあり

IMG_20161025_090720.jpg

高鍋町を望める台地にある持田古墳群のすぐそばには
カクカクで独特な立像が立ち並ぶ「高鍋大師堂」があります。

住所:宮崎県児湯郡高鍋町持田

 - 宮崎県の珍スポット、変わった観光地 ,

独特の立像群はなぜ?

IMG_20161025_091457.jpg

この「高鍋大師堂」周辺には独特な立像が立ち並んでいます。
六面十臂(顔が六腕が十本)の神様です。オリジナルの神様でしょうか。

IMG_20161025_091525.jpg

こちらはアマテラスオオミカミでしょうかね〜。
どちらも高さ4〜5mくらいはあります。
大きなものを作られましたね〜。

IMG_20161025_091016.jpg

大きな立像だけでなく、身の丈ほどの像も多く立ち並んでいます。

IMG_20161025_090807.jpg

亀のおんぶ像。

IMG_20161025_091951.jpg

ではなぜ、この地にこのような立像が立ち並んでいるのか?
製作者である岩岡保吉氏はまず、四国八十八ヶ所巡礼をきっかけに
高鍋で八十八ヶ所を製作しました。

当時、横行していた持田墳群の盗掘に心を痛め
古墳に眠る人々の鎮霊と幸せを願い、ユニークな立像製作に着手されたとのことです。

IMG_20161025_090720.jpg

その光景は高鍋町を見守っているように見えました。

 - 宮崎県の珍スポット、変わった観光地 ,

このブログで今週人気の記事です