ワークマン バイク・バイク用品関係

【忖度無し】ライダーのガチで選ぶワークマンのグローブ

ワークマンアンバサダーの米田ですが
今回の記事は忖度無しなので、ワークマン関係者は見ないほうが良いかも。

今回はワークマンにあったライダーに使えそうなグローブを片っ端からレビューします。
(店舗によっては取り扱いが無い場合があります。)

スポンサーリンク

今回試着したのは以下の10商品

今回試したのは上記の10製品。(カタログ未掲載が1製品)
早速ランキングに行きましょう。

絶対買うべきでない

9位 プロテクショングローブ(ライト含む)

異常に指の長い人で型を作ったのかと言いたくなるほど採寸が変。
全サイズを数枚試して、感じたから採寸の問題っぽい。

他のグローブだと全てLサイズでジャストフィットなのに
これは指先に1cmくらいゆとりができます。

指が細長い人には良いけど、普通の日本人の手には規格外の採寸。
あと手のひらの側の生地が厚いのか、裁縫が変なせいなのか指がクソ曲げづらい。

8位防水SBRグローブ

どう見てもバイク向けじゃなさそうだけど、タグに”バイク”と書いてあったので。
手のフィット感は優秀だけど
ゴムの弾力強すぎて、ハンドル握りつづけるのに体力がいる。
握力に自信があるならいいけど、ロングツーリングには無理かな。

デザインが気に入ったら買っても良いかな

7位MOIST GRIP

“手に吸い付くような着用感”らしい。
特筆することはなし。

6位水に濡れるとグリップ2倍

カタログ未掲載商品、「水に濡れるとグリップ2倍」。
これも特筆することは無いけど、個人的にはMOIST GRIPより着用感が好みでした。

バイク用として使えるグローブ達

5位DEXCUTプロテクション ニトリル背抜き手袋(1,500円)

1,500円

耐切創性がついてるプロテクター付きニトリル背抜き手袋。
どんな作業現場にドンピシャなのかわからないけど、バイク用に使えそう。
手袋が立体整形だから手のフィット感は随一。
ただ、ニトリル手袋だから皮膚が弱い人は気になるかも。

4位THE MAX TOUGH & PROTECTION 1,280円

耐切創性がなくなって220円安くなった5位。
天然ゴム性だからニトリルよりグリップ力が高いかも。
ただ、どちらにせよゴム手袋なので皮膚が弱い人は気になるかも。

見た目が気になるけど
1位~3位と比べて手の差込がスムーズにできるので
差込を気にする人は要チェック。

カラーリングがオレンジ一色なので
レプソルカラーやKTMライダーなら一考。

THE MAX TOUGH & PROTECTIONを公式通販サイトで購入

3位メカニックグローブタンチュラ 1,780円

デザインが一新されてド派手になったアトム手袋のタランチュラ。
普通にバイク用メッシュグローブのベンチマークとして申し分ないクオリティ。
カタログ、オンラインサイトには
ライムグリーンしかないけど店頭にマゼンタカラーもある場合も。

メカニックグローブ タランチュラを公式通販サイトで購入

旧デザインの黒ベースで差し色に
ライムグリーンのデザインもオンライストアで販売継続中。

メカニックグローブ タランチュラ(旧)を公式通販サイトで購入

2位エアーメッシュプロテクショングローブ 2,500円

最下位と同じPROTECRION GROVEの採寸かと思ったら違った。
恐ろしいほどフィット感、裁縫のクオリティが凄い。
一流バイク用品メーカーにも迫るクオリティ。

ただ、値段は2,500円とワークマンにしたらお高め。
いっそのこと3,000円にして指先にスマホタッチ対応にしてくれたら嬉しかったかな。

エアーメッシュプロテクショングローブを公式通販サイトで購入

優勝:クッショングローブ 580円

優勝はクッショングローブです。おめでとうございます。

2位のエアーメッシュプロテクショングローブと比べると
フィット感、裁縫がワンランク落ちます。

「クッショングローブ」という謎のゆるふわフォントからは想像もできないコスパ。


スマホタッチ対応で580円ってちょっと価格がぶっ壊れているよね。
ただ、手の差込口が狭いので手の大きい人はかなり気になるかも。
クオリティかコスパで悩むけど
個人的にメッシュグローブって消耗品なのでコスパを優先したよ。

クッショングローブを公式通販サイトで購入

タイトルとURLをコピーしました