ヘルメットのミラー掛けは寿命を縮める…じゃ、なんでヘルメットホルダー使わないの?

バイク・バイク用品関係

駐輪場でよく見かける光景のヘルメットミラー掛け。
ヘルメットのミラー掛けはヘルメット内装の
発泡スチロールに圧力を与え、最悪、内装の変形を起こします。

最近の人気記事

ワークマン
米田昌平
サイト運営者:米田昌平
日本2周分、訪問国15カ国くらい
約7400か所の珍スポット的なところに行く
アメリカ/タイ/台湾/韓国
バイクツーリング歴有り
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報

じゃ、なんでヘルメットホルダー使わないの?

内装の変形が起きると事故時に本来、変形することで衝撃吸収の役割を果たす
発泡スチロールが役割を果たしません。
なので、事故時に危険…という話です。

しかし、多くのバイクにはヘルメットホルダーが標準で付いています。
付いているのに使わないのはなぜでしょうか?

個人的な回答はヘルメッnトホルダーの付いている位置が悪いのです。
大体の場合、ヘルメットホルダーは車両左側面についています。
ヘルメットホルダーにヘルメットを装着すると車両横幅が広がって駐輪スペースを余分に取る。
腰の高さなので少し屈まないといけないので面倒。
純正のヘルメットホルダーってなんであんなに腰に悪い部分にあるんですかねぇ?

僕はヘルメットホルダーをこうしていた

僕は自分のバイクのハンドル部に後付のヘルメットホルダーを装着して
ヘルメットをタンクの上に置いて、ヘルメットホルダーで施錠していました。
こうすると限りなくヘルメットに負担をかけることなく置くことができます。

愛車の盗難保険、距離無制限のロードサービスはZuttoRideClubだけ!

バイクでどっかいこのSNSです

お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!