バイクでどっかいこ

世界中の珍スポットへ バイクメインの旅行ブログ

「夕張市石炭博物館」でマジモンの炭鉱に入れるぞ!

      2015/05/26

sss0086
夕張市は石炭で儲けていた時代もあり
その時代の栄枯を記録した博物館になっています
夕張市石炭博物館
住所:北海道夕張市高松7-1
営業期間
平成26年4月26日(土)~ 11月3日(月祝)
(10月15日以降は土日祝日のみ営業)
営業時間:10:00~16:30
休館日:毎週月曜日 ※月曜が祝日の場合はその翌日(7・8月は無休)
料金:おとな:1,230円 / こども:730円

 - 道央の珍スポット、変わった観光地


sss0078
駐車場前にある閉店しているおみやげ屋さんです
非常に楽しそうなペイントが施されていますが
過去の華々しさと今の寂れを表すシンボルでしかない・・・
sss0193
現在は閉館中の化石展示館と産業館(?)
北海道はなぜかカラスが多く
運がよければここにもカラスが集まっており
ホラーハウス感を味わうことができます
sss0194
超広い第二駐車場
ここが車で埋まることは無いでしょう
sss0080
夕張市石炭博物館がこちら
こちらの博物館はとても立派な建物なのですが
それまでの道中がいろいろとアレでした
sss0086
作業員の蝋人形に出迎えられ
sss0087
sss0088
石炭の生まれ方の展示コーナー
やたら、難しいことが展示されています
sss0092
次は日本での石油精製プラントのモデル
sss0093
明治時代からの炭鉱での組合や技術の進歩をイラストやら
貴重な写真で展示されていました
写真は撮影禁止ですが、非常に貴重な資料で
見ると「うわ~働きたくねぇ」と思いました
思ったより火気厳禁の徹底はキチっとしてました
sss0099
当時、炭鉱に入る時には親方に盃を酌み交わすという慣わしがあったようです
sss0111
当時の作業用具の展示も多数ありましたが
昔のライトの充電器がこちら
今は乾電池だけど、当時はすごく物々しい・・・
sss0127
安全帽の歴史
下二段目からすでに現代の安全帽に相当近いですね
sss0129
sss0130
当時の炭鉱についての雑誌だったり
掘削機のカタログ
sss0137
博物館ゾーンを抜けると
実際の炭鉱に入る
夕張市石炭博物館名物の「まっくら探検」になります
sss0139

変わったエレベーターで炭鉱に向かいます
sss0140
エレベーターを降りると「炭鉱風俗館」です
sss0142
sss0146
sss0150
当時の炭鉱での作業風景の蝋人形が超・大量にあります!!
sss0156
さらに先に進みます・・・
sss0168
欠稼一日、閉山の元
だなんて小学三年生にしてはハードなことを仰られてます
sss0169
現在にも通ずるものがあります
胸に来ます
sss0173

この大仰なマシーン、近寄ると動きます
やべぇ
sss0175
さらにここから先は安全帽を被って
実際の炭鉱を歩くコースになります

sss0192
寂れかけた夕張市にある寂れたスポット
夕張市石炭博物館、ぜひ行ってみては・・・

 - 道央の珍スポット、変わった観光地