バイクでどっかいこ

世界中の珍スポットへ バイクメインの旅行ブログ

危険ドライバーに殺されないために

   

前の車両は危険ドライバー

IMG_20161110_030101.jpg

石橋和歩容疑者が起こした東名高速道路・煽り運転によって萩山夫妻がお亡くなりになりました。
Youtubeなどでも「危険ドライバー」と検索すれば
字の如く”危険なドライバー”による運転や恐喝の動画がヒットします。

自分も日本全国、バイクで走り回っているのでこのような”危険ドライバー”を
幾例か当事者でないにしろ、見たことがあります。
今回は「危険ドライバーに殺されない」方法についてご紹介したいと思います。

 - バイクハック

“暴走族”とはどう違う?

まず、”危険ドライバー”と”暴走族”はどう違うのかというと

危険ドライバーは
・ドライバーの外見、車両の外装は一般的な場合が多い
・車両としては単独行動
・危険行為を行っている自認が薄い

といったところです。

あなたの前の車が危険ドライバーの可能性もありますし
あなた自身が実は危険ドライバーの可能性もあります。

危険ドライバーを見分けるのはとても難しい

暴走族は一見して暴走族とわかる風体をしていますし
けたたましい排気音を聞いたら近寄らないほうが良いなってのはわかるでしょう。

ただ、危険ドライバーの見分るのはとても難しい話です。
異様に車間距離を詰めてくる、先頭車両がはけたら
急加速でぶっ飛ばすなどわかりやすいパターンの方も多いですが…

信号待ち先頭車両がスマホ弄ってたりしてたのか
青信号になっても発進せず、後続車がクラクション鳴らしたら
先頭車両のドライバーが降りて、恫喝するってのもありました。

こんなんどうしろっちゅーねん。

危険ドライバーに遭遇したくなければ、刺激してはならない

とにかくどこにどれだけいるのかわからないのが危険ドライバー。
危険ドライバーのターゲットにされたくなければ
他のドライバーを刺激しないことです。

東名高速道路の事件の発端は石橋和歩容疑者に「邪魔」と言ってしまったことなんですよねぇ。
「邪魔」と言えることはとても勇敢で素晴らしいこととは思うのですが
後の大惨事に繋がってしまったのも事実です。

Youtubeで危険ドライバー(ライダー)の動画をいろいろ見てたら、この動画が目に留まりました。
ウインカー出さずに曲がったライダーに対して注意したらライダーが逆切れするという動画なのですが…。

山口県や岡山県はウインカーを出さずに曲がる車は結構、多いので
「このアップロード主が山口県とか走るのは危ないかな…。」とも感じました。

“正しいこと”が”正しい判断では無い”場合もある

本当に見ず知らずに人に口頭で注意できるのって尊敬できるんですけど
やっぱ、トラブルに巻き込まれたくなかったら”危うきに近寄らず”べきですよ。

法律を守る、道徳を重んじることは”正しいこと”なんですよ。
しかし、それを頭のイカれた危険ドライバーに対してするってことは
”正しい判断では無い”です。

危険ドライバーの法律を盾にするやり方が嫌いだ

話が脱線しますが、僕は暴走族に関しては「暴走族だ~」って
心荒げることなく眺められるんですよ。もちろん違法行為ですけど。

“危険ドライバー”は進路妨害をして来て
「追突だからお前の責任な」とか「元はお前が悪い!」とか
自分こそが正義だと言わんばかりの行為をしてるんですよ。

車用のドライブレコーダーは安いものなら3000円程度で買えるので買っときましょう。
バイク用のドライブレコーダーもあります。

バイクにもドライブレコーダーは必須な社会 交通事故の際、決定的な証拠となるドライブレコーダー。 車用は安いもので5000円程度からちゃんとしたものがあり、爆発的に普及してい

 - バイクハック

このブログで今週人気の記事です