バイクでどっかいこ

47都道府県すべての珍スポット情報掲載中!

買うと後悔することが多いバイクの特徴

      2016/06/14

ここだけの話、こういうバイクは買うのよく考えたほうが良いよ

買うと後悔することが多いバイクの特徴

そもそも、バイクというのは便利な乗り物ではありません。
「不便を楽しむ」とよく言います。
ライダーはそれを受け入れてバイクに乗ります。

しかし、道を走る道具である以上、ある程度は便利でなければなりません。
ということで今回は、こんなバイクを買うと後悔する可能性が高いですよというお話です。

 - バイクハック

セルが付いておらず、キック始動のバイク

例を挙げるなら「SR400」など。
レトロなスタイリングかつ、キック始動のみというロマン溢れる仕様。
すごく魅力的でここにソソられない方はどうかしちゃっています。

だけれども、道具としてみれば不便なんです。
信号待ちからの発進の際、うっかりエンストした際キックガシガシやって再始動かけなきゃいけないんです。

よくカスタムされた中古バイク

え?よくカスタムされているバイクって悪いの?と思われるかもしれません。
いいえ、とても良いものです。
元持ち主にとっては。

車だとシートを前後調整するのは簡単です。
しかし、バイクでライディングポジションを前後させようとなると大変です。
ハンドル角度をいじったり
ハンドル交換したり、ステップを交換したりと工具やカスタムパーツが必要になってきます。

よくカスタムされたバイクは元持ち主の体型にあったバイクになってしまいます。
これをまた自分の体型に合わせようとなったら、結構なお金がかかります。
「よくカスタムされてる!カスタム代が浮いたラッキー!」とはならないのです…。

パーツが手に入れにくいバイク、ディーラーが近くにないバイク

パーツが手に入れにくいバイクは注意が必要です。
今はネットなどでパーツ入手自体は、ガンバレばなんとかなるかもしれません。
しかし、整備できるかどうか考えなければなりません。
「自分で整備できるよ!」って方は問題ありません。
しかし、整備はバイク屋さんまかせという方は
バイク屋さんも人間なので、整備できないバイクは当然あります。

また、最近のバイクはコンピューターによって制御されていっても過言ではありません。
そのコンピューターが不調になった場合、ディーラーでないと整備できません。

さいごに

脅すような記事になってしまいました。
しかし、「キック始動のバイク」「よくカスタムされた中古バイク」、「パーツが手に入れにくいバイク」、「ディーラーが近くにないバイク」
バイク屋さんとよく相談すればこの4パターンを避けるのは簡単なことです。

 - バイクハック

このブログで今週人気の記事です