バイクでどっかいこ

47都道府県すべての珍スポット情報掲載中!

【楽しすぎて4年連続行った人が教える】夏の北海道ツーリングの知識、持ち物まとめ

      2017/03/21

夏といえば北海道ツーリング!

DSC03167.JPG

今年も夏がやってきました。

ライダーの夏と言えば北海道ツーリングです。
このページで北海道を走る上で頭に入れておいてほしいことを書きます。

 - バイクハック

北海道上陸手段

フェリーを使って北海道ツーリング

NCM_0116.jpg

ポピュラーな手段であり、もっとも旅情があるのがフェリー上陸です。
日本長距離フェリー協会に掲載されている

・舞鶴~小樽
・敦賀~苫小牧東
・敦賀、新潟、秋田~苫小牧東
・新潟~小樽
・名古屋~仙台~苫小牧
・大洗~苫小牧

に加え
津軽海峡フェリー

・青森~函館
・大間~函館

があります。

時間もお金も無い人の北海道ツーリング

時間もお金も無いけど北海道ツーリングをしたい!という方は
飛行機で行き、北海道でレンタルバイクを借りる
または自走で北海道へ行き、バイクは陸送で送り人間は飛行機で帰るという方法をおススメします。
僕は3年この方法を利用しています。
住んでいるところが山口県なので
最も西に位置する舞鶴フェリー乗り場に行くまでも結構な距離なのと
LCCのおかげで往復3万円あれば北海道行けるからです。

比較してみると…

ライダーの憧れ北海道ツーリング! 7月下旬に山口県~北海道へ向かう場合の費用を考え バイクの条件は燃費20km/lのハイオク仕様の大型バイクで ハイオク170円/Lとし

過去に比較したことがあるのですが
バイク3日レンタルまでならLCC+レンタルバイクが安く
4日以上北海道ツーリングするならば自走のほうが安くなる計算になります。
ただし、フェリーに乗っている時間を考えると悩ましいものです。

宿泊先

宿泊先はライダースハウスと呼ばれるライダー専用の安宿があります。
システムは店によって大きく異なるのですが、一泊1000円程度で泊まれます。

逆にキャンプツーリングは、ある程度の快適さを求めだすと装備の出費が半端ではない上に
設営、撤収等の時間を考えるとさほどタイムパフォーマンス、コストパフォーマンスが共に良くないです。

北海道の安くておいしい食べ物

北海道といえば、おいしい食べ物。
しかし、おいしい食べ物というのは大体高いです。
魚介類は基本的に高いのです。
しかし、とうもろこしや果物は道端のおばあちゃんやおじいちゃんがやってるボロめのお店で安く食べれます。おススメ。

北海道ツーリングの装備、服装

北海道は夏でも寒いです。
正確に言うと、日中は25℃以上になるのですが、夕方からガクンと温度が下がって10℃付近になります。
なので、防寒着もしくは防寒着を兼ねた雨合羽とウィンターグローブを入れていくことをおススメします。

DSC02781.JPG

参考に去年持って行った持ち物は
財布とか携帯電話やら持って行って当然なものを除けば
・カメラ
・モバイル充電器
・メッシュジャケット
・雨合羽(防寒着兼)
・ブーツカバー
・ウィンターグローブ
・タオル
(寒いとき首に巻いたりもできる。)
・下着
・歯ブラシ
(使い捨て歯ブラシを持って行き、使い終わった歯ブラシでチェーンメンテすると良いかも。)
サンダル(宿や空港では必須。)
程度で上の写真のリアシートにくくってるリュックに余裕で入る量です。

バイク積載王決定戦かのように針金やら工具を大量に持っていくことを推奨しているサイトもあります。
10万キロ以上バイクで走行していますが
適切な定期点検とロングツーリング前にバイク屋で点検してもらえば、それらの道具が必要になった場面は一度もありません。

また衣類圧縮袋は空気によってかさばる衣類、つまりダウンジャケットやセーターに有効であって
Tシャツや下着に利用しても全く圧縮されません。

日没後は走らないほうが良い

DSC02814.JPG

せっかくやって来た、北海道。
短い休みでより遠くに行くために夜通し走る!そんな気持ちはわかるのですが
北海道の夜道を入るのは絶対おススメしません。

動物が飛び出す

北海道の夜道は野生動物がヤバイです。鹿やキツネは普通に見ます。
以前、フェリーの中で「熊に出会った」という人もいました。
鹿、キツネ、熊のいずれもが夜行性で夜、活発に活動していることを考えると夜道を走るのはお勧めできません。

ガソリンスタンド、コンビニが無い

北海道はガソリンスタンドの数自体は少なくないのですが、基本的に深夜営業を行っていません。
また、北海道のコンビニで有名なセイコーマートも小さな町の店舗になると24時間営業ではありません。

北海道の道はホントに”道”です。店なんかまったくありません。
ガス欠になった場合のことを考えると夜道を走るのはお勧めできません。

まとめに

いろいろ書いていますがまとめとしては
夜道に気をつけろ
そんなに荷物はいらない

春の東北地方や北海道を舐めないほうが良い この写真は4月末の青森で撮影されたものです。 4月末といえば、山口県では気温25℃付近の初夏日も珍しくない頃です。 同じ日本

 - バイクハック

このブログで今週人気の記事です