「三井寺力餅」は現代でいうとこのブロガー向けお菓子

2015年5月25日滋賀県の珍スポット、変わった観光地民話伝説

s0010_20150106082922999.jpg
かの有名な武蔵坊弁慶の伝説が残る三井寺付近の市街地に
「三井寺力餅」という銘菓があります。
住所:滋賀県大津市浜大津2丁目1−30
営業時間7:00~19:00


s0008_2015010608291862f.jpg
203B06~1
この三井寺力餅は弁慶の引き釣り鐘伝説にあやかって生まれた
慶安(1640年頃)から売られている超ロングセラー商品で
ずんだでできた緑色のきな粉にまぶしてある団子が特徴的。
新鮮な素材しか使ってないので賞味期限は2日程度。
急いで持って帰らないと腐っちゃうよ。

以来、文人墨客に愛されてきた現代で言うところのブロガー達に愛されてきた商品。
ずんだのきな粉がおいしくて、皿まで舐めたいけどはしたないのでやめておきました。
そんなことしたら文人墨客というより蛮族じゃん。
20817B~1
しおりに書いてある縦書きの「プロテイン」という文字が非常に変な感じで◎。
s0009_201501060829203a3.jpg
店内には引き釣り鐘伝説やら弁慶にまつわる絵がずらり。
こちらも必見。

バイクでどっかいこのSNSです

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!