「珍石館」あの懐かしのキャラクターが鎮座していた…

埼玉県の珍スポット、変わった観光地珍博物館

埼玉県秩父は地質学的にユニークな石が採れるらしく、地質学者のメッカらしいです。
石。様々な形がありますよね。
「珍石館」にはその名の通りユニークな石が多数展示されています。

住宅街の中にゆる〜い石の博物館

こちらが「珍石館」。
住宅街の中にあるような感じなので、最初は戸惑うかもしれません。
入場料400円でした。

先代オーナーの趣味が石集めで、様々な変わった石が展示されています。

ある時、「不気味だから引き取ってくれないか」という理由で人面石くんが珍石館に持ち込まれます。
引き取ってある日、夢枕にこの人面石くんが立ち(立つというのか?)
「仲間がいるから集めてくれ」と言うのです。
ということでこの珍石館は人面石コレクションがどんどん増えていきました。

ちなみにこの人面石くん、「中井正広のブラックバラエティ」で登場していましたよね。
僕は世代的にドンピシャです。
よ〜わからん野球のモノマネばっかりやってた印象があります。

石に名前をつけられる!にしても、主観が強すぎる

ジャバ・ザ・ハット!

ストームトルーパー!

カーボン冷凍されたハン・ソロ!

ウォーズマンスマイル!

名前は来館者が自由につけることができます!
ということで自分もお岩さんっぽい石にお岩さんって名前をつけました。

ちなみに現オーナーがつきっきりで
この秩父がなぜ地質学的に激アツなのか解説してくれました。
しかし、僕の脳みそは地質学を受け入れるキャパシティが無いので理解できませんでした…。

住所:埼玉県秩父市上影森764−6
10時00分~17時00分
火曜日休み

バイクでどっかいこのSNSです

運営者情報

米田昌平 サイト運営者:米田昌平
レンタルバイクを駆使することで
会社員でありながら
2ヶ月に1度は海外ツーリングを楽しんでいます 著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!