ロシアの地下鉄は美術館!モスクワとSt.ペテルブルグの地下鉄ガイド

モスクワの珍スポット、変わった観光地, サンクトペテルブルクの珍スポット、変わった観光地

ロシアの地下鉄は美しい

IMG_20170826_082256.jpg

ロシアの観光名所といえば赤の広場、血の上の救世主教会などなど…。
しかしですね、ロシアに来たならば地下鉄に乗らないなんてありえない!
美しい建設!合理的にシステム化された乗車システム!
核シェルターとしての側面も持っているので核が飛んできても大丈夫!
その割にボロい車両!

ロシアの地下鉄写真集

とりあえず、ロシアの地下鉄の魅力を知っていただくために
ロシアの地下鉄で撮影した写真を御覧ください。

IMG_20170827_082830.jpg

IMG_20170826_165127.jpg

IMG_20170826_083444.jpg

IMG_20170826_082400.jpg

IMG_20170825_210605.jpg

IMG_20170824_212628.jpg

IMG_20170824_212002.jpg

IMG_20170825_210825.jpg

どうですか?ロシアの地下鉄乗りたくなったでしょう?
ある特定の駅だけを撮影したわけではなく
多くの駅が写真のような美しい建設をしています。

モスクワでの地下鉄の乗り方

IMG_20170824_184732.jpg

まずはモスクワの地下鉄。
トロイカという交通ICカードなどがありますが
基本的にЕдиный(イェディニ)という地下鉄切符を使うのが簡単です。
このЕдиныйも使い捨てですが非接触ICカードで2回券〜60回券、さらには1日乗車券※なんかもあります。
またЕдиныйはバスやトロリーバスにも使うことができ
3回券を購入して1回は地下鉄、1回はバス、1回はトロリーバスという使い方もできます。

※1日乗車券は日付ではなく24時間でした。お得!

なにはともあれ、地下鉄の駅に入りましょう。
地下鉄の駅は入口と出口に別れています。
出口から入ることはできず、入口から出ることはできません。
日本人の感覚すると不便ですが、これが効率的な運行のミソになっています。
郷に入れば郷に従えってことで、人の流れに乗っていきましょう。

大きな荷物を持って、地下鉄の駅に入ると荷物検査を受ける必要があります。
ここも素直に受けましょう。

地下鉄のチケットの購入方法は2つ!

20170825_142007_279.jpg

Kacca(チケット売り場)でチケットを買うか

IMG_20170827_082620.jpg

券売機でチケットを買うかの2つです。

日本人の感覚からすれば券売機でチケット買いたいわ〜って思いますが
券売機では1回券、2回券しか購入できません。
1回券は55R(110円程度)ですが、60回券は1700R(3400円程度)。
回数券は回数が多いほど1回あたりの乗車賃が安いので
お得に乗りたい方はKaccaで購入するしかありません。
あと、何回券もチケットのデザインが同じなので1回券ばかり購入していると
ポケットの中がチケットだらけになってどれが使えるやつかわからなくなりますw

ロシアの地下鉄の料金システムは単純明快で地下鉄駅を出るまでが1回と数えます。
なので、何度乗り換えようと1回の運賃で乗ることができます。

IMG_20170826_083637.jpg

駅のホームは長い通路になっており、基本的に右側通行です。
人の流れについていけば大丈夫です。
改札を抜けるとロシアの地下鉄名物、クソ長いエスカレーターが待っています。
マントルまで続いてんのかと思うほど長いです。

IMG_20170826_083444.jpg

プラットフォームについたら、地下鉄に乗ります。
日本の電車のように「扉が閉まります。ご注意ください。」なんて親切なアナウンスはなく
果物を粉砕できそうな勢いで扉が閉まります。なので、飛び込み乗車はやめましょう…。
飛び込み乗車なんかしなくても1分ほどしたらすぐに次の電車がやってきます。

IMG_20170824_211849.jpg

モスクワの地下鉄駅はかなり複雑かつ巨大な構造になっていて
高架橋で地下鉄の上を通って、隣の路線へ乗り換るなんて日本じゃ考えられない構造をしています。

Единыйを使ったバスの乗り方

20170824_210506_534.jpg

Единыйを使えばバスも乗れます。
バス前方の入口から乗車して、この機械の黒丸にЕдиныйをタッチ。
緑のランプが点灯したら、バーを押しながら先に進みましょう。

※トロイカという交通ICカードを持っている人はバス後方から乗ることができます。

St.ペテルブルグの地下鉄の乗り方

IMG_20170826_111430.jpg

St.ペテルブルグも基本的に乗車システムは同じです。
しかし、モスクワのЕдиныйなどは使うことができません。
トークン(メダル)を券売機(券じゃないけど)で購入して、自動改札で自販機のように投入すると改札が開きます。

バイクでどっかいこのSNSです

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!