倉敷美観地区で訪れたい変わったお店5選!

2018年2月15日岡山県の珍スポット、変わった観光地奇食・変な食べ物, 珍博物館, 変わった動物園, レトロスポットまとめ

倉敷美観地区には変わった店が多い

IMG_20171015_132752.jpg

白壁の町並みを残す「倉敷美観地区」
岡山を代表する観光地ですが、変わったお店も多くあります。
今回は倉敷美観地区で訪れたい変わったお店を5つご紹介します

「桃太郎のからくり博物館」

IMG_20171015_123904.jpg

岡山といえば”桃太郎”。
倉敷美観地区には「桃太郎のからくり博物館」という施設があります。

IMGP4114.JPG

館内では目の錯覚などを利用した桃太郎のからくりで遊ぶことができます。
う〜ん、それにしてもなんで”桃太郎”と”からくり”何でしょうかねぇ。

IMGP4112.JPG

行く先々で殺人を招き寄せるコナンくんもここに遊びに来たみたいです。

IMG_20171015_121850.jpg

からくりだけでなく、展示物もたくさんありました。
犬・猿・雉に実際にきびだんごを食べさせる映像も上映されていました。
Youtuberみたいなことやってねぇ!

IMGP4119.JPG

二階は桃太郎の資料展示をされていました。
香川の桃太郎神社や名古屋の桃太郎神社についても言及されています。流石。

住所:岡山県倉敷市本町5−11
営業時間:10:00〜17:00

青っ!「倉敷デニムストリート」の”デニムバーガー”

IMG_20171015_144038.jpg

岡山県の名産品の一つに”デニムジーンズ”があります。
戦後、デニムジーンズが人気になり
元々、繊維業が盛んな岡山でデニム・ジーンズが作られるようになりました。

「倉敷デニムストリート」では
岡山県内の様々なブランドのデニム製品を購入できますが….。

IMGP4144.JPG

スナックコーナーでは真っ青な”デニムバーガー”が販売されています。

IMGP4139.JPG

おまけに”デニムまん”も購入してみました。
こっちも真っ青。

住所:岡山県倉敷市中央1-10-11
営業時間:10:00~17:00

「倉敷の猫屋敷」”ヒョウ猫の森”

IMG_20171015_150718.jpg

「倉敷の猫屋敷」という
猫グッズを中心に販売しているお店があります。
二階は”ヒョウ猫の森”という猫カフェになっています。

IMGP4173.JPG

IMGP4153.JPG

”ヒョウ猫の森”の中はベンガル猫だらけ!
施設内は森をイメージしており、一風変わった猫カフェの様相をしています。

住所:岡山県倉敷市中央1丁目1−3
営業時間:9:00〜18:00

「倉敷山陽堂」(倉敷貯金箱博物館)

IMGP4123.JPG

「倉敷山陽堂」(倉敷貯金箱博物館)はお店の外観からインパクト抜群です。
屋根におびただしい数のビクター犬がいるからです。

IMGP4137.JPG

IMGP4130.JPG

IMGP4125.JPG

「倉敷貯金箱博物館」「倉敷おもちゃ博物館」「倉敷DOG資料館」3つの施設が併設されています。
300円ですべての施設を見学可能です。

住所:岡山県倉敷市船倉町1224
営業時間:10:30〜17:00
木曜日休み

「いがらしゆみこ美術館」の女子力で男はヤラれそう

IMG_20171015_143310.jpg

岡山県倉敷市には
少女漫画「キャンディキャンディ」でおなじみ、「いがらしゆみこ美術館」があります。

IMG_20171015_140059.jpg

IMG_20171015_135812.jpg

ここの名物はお姫さま体験
ロココ調のドレスが多数用意されており、”ジ・お姫さま”になりきって撮影を思う存分、楽しむことができる。
ちなみに男性でも他のお客さんが不快感を表さない場合に限りお姫さま(?)体験ができる!!

IMG_20171015_132752.jpg

また、「Cafe Princess」という
これまた女子力の高いカフェも併設されている。

IMG_20171015_133606.jpg

「大人さまランチ」を注文してみた。
量が女子力全開!これでお腹いっぱいと言えるのが女子の嗜みというものだろう。
ラーメン二郎の大ブタにんにくマシマシ、野菜マシマシ、アブラマシマシ、カラメマシを完食してしまう女子高生じゃ満足できなそうだ。

IMG_20171015_134249.jpg

やたら女子力の高いスイーツも注文してみた。
浜をイメージした一皿が美しい。

住所: 岡山県倉敷市本町9−30
ホームページ

バイクでどっかいこのSNSです

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!