時の流れを止めています!「新横浜ラーメン博物館」(他)

神奈川県の珍スポット、変わった観光地珍博物館, 変わったゲームセンター

博物館と聞くとアカデミックというかインテリな印象を受けます。
「新横浜ラーメン博物館」は飛行機を乗らずして全国名店のラーメンを楽しめるというコンセプトを掲げられています。
そのコンセプト通りに営業されている、というだけでも殊勝なこと。
ただ、ここ…。ついでに時の流れも止めてない?

ぼくの想像していた博物館と違う

「新横浜ラーメン博物館」、1Fエントランスではラーメンの発祥、歴史
そして日本におけるラーメンの流行を事細かに紹介されています。
あぁ~、こういうのこういうの博物館って。

さて、博物館は地下に続きます。

古臭い街があるのですが。
博物館の地下に古臭い街ってあるもんですか?

ラーメンの博物館としてだけでなく、昭和ノスタルジーの雰囲気を楽しめるスポットとしても訪れる価値のあるスポットです。

この雰囲気の中で日本全国のラーメン名店の味が楽しめます。

住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目14−21
11時00分~21時30分

九龍城、神奈川県にあり「ウェアハウス川崎店」


香港にある本家「九龍城」はのほほんとした公園になっているのですが
日本の神奈川県には、かの時代の九龍城を再現した「ウェアハウス川崎店」があります。

(一応、)撮影禁止なので写真無しでご紹介しますが、かの時代の九龍城を意欲的に再現した素晴らしいほどゴミゴミした内装です。
それなのに本業のゲームセンターはキチンと営業されています。
雰囲気がダークでカオス。
ゲームセンターに興味が無くても観光地として一見の価値があります。
住所:〒210-0024 神奈川県川崎市川崎区日進町3−7
7時00分~23時45分

バイクでどっかいこのSNSです

運営者情報

米田昌平 サイト運営者:米田昌平
レンタルバイクを駆使することで
会社員でありながら
2ヶ月に1度は海外ツーリングを楽しんでいます 著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!