バイクでどっかいこ

世界中の珍スポットへ バイクメインの旅行ブログ

電池長持ち!bluetoothヘッドセット機能付!現段階最強スマートウォッチ「TalkBand B1」

   

現段階では安くて最高のスマートウォッチだと思います。

IMG_20160119_185721.jpg

スマートウォッチといえば、apple社の”apple watch”が記憶に新しいですね。
といっても、時計としてはバッテリーが満充電で1日持つか持たないかは不安。
デジタルガジェットしても中途半端感があります。

「スマートウォッチを持つのもまだ先になりそうだな」と思いつつ
Amazonでスマートウォッチを眺めていたら、「TalkBand B1」という
安いスマートウォッチがありました。

「ど〜せ、ちゃんがら品*なんでしょ?」と思いつつ
機能とレビューを見てみたら、俺にドンピシャだったので早速買いました。
*ちゃんがら品…山口弁で粗悪品、おもちゃっぽいものという意味

 - その他インプレ

「TalkBand B1」の構造

IMG_20160119_153913.jpg

こちらが「TalkBand B1」
メーカーは日本ではちょっぴりマニアックなHuawei社の製品です。

スマートウォッチというより、スマートブレスレッドというのが正式らしいです。

IMG_20160119_154136.jpg

ベルトはこんな感じです。
サイズ設定はSとLがあります。
自分は腕が細めなのでSを購入しました。
Amazonレビューでよく指摘されているのですが、遊環という腕時計のベルトについてるべき部品がありません。
どうしても気になる方は別途、購入すると良いかもしれません。
ダイソーで販売しているベルトが16mmの腕時計の遊環を転用することも可能です。

しかし、遊環をつけてしまうと腕時計の付け外しに手間がかかるのでおススメしません。

充電端子.gif

IMG_20160119_154321.jpg

スマートウォッチといえば、充電しなければなりません。
「TalkBand B1」はベルト自体が充電ケーブルになっているので、モバイルバッテリー等あれば充電可能です。
「2時間の充電で6日間の使用が可能」と書いてありますが、実際は2,3日使える程度です。

Screenshot_20160120-231800.png

専用アプリでバッテリーの持ちに関するアップデートがあるので実行してみると体感2倍くらい(一週間程度)電池が持つようになります。
ソフトアップデートでそんなに変わるなんてすっげーな。

時間合わせは専用アプリにでBluetoothペアリングをすれば自動的に合います。

「TalkBand B1」のクールな変形ガジェット機能!!「Bluetoothヘッドセット機能」もついてるぜ

IMG_20160119_185721.jpg

「TalkBand B1」でできることは時刻の表示、万歩計、消費カロリー表示、睡眠時間、電話着信の通知くらいです。
「そんなショボスマートウォッチいらねーよ!」ですって?
いえいえ、「TalkBand B1」にはとんでもない機能が備わっているのです。
IMG_20160119_160327.jpg

ディスプレイ下にあるボタンを押すと…

IMG_20160119_160435.jpg

ディスプレイが取り外せます。
僕はこの機能ために購入しました。

IMG_20160119_160619.jpg

そして、ヘッドセットになるのです!!
Cooooooooooool!!
amazonレビューで耳から落ちやすいという指摘がありますが、やや特殊な耳の引っ掛け方をする必要があります。
付属の説明書の通り、引っ掛けてやれば頭を少々激しく振っても落ちる気配はありません。
バイクのメンテナンスや調理中に曲やポッドキャストを聴く時に重宝します。
防水仕様なのでお風呂でも使用できます。

スマートウォッチではなくBluetoothヘッドセットとして見ても、とても便利です。
USB端子さえあれば充電できるので、オススメできるヘッドセットです。

腕時計モードで音楽再生をするとスマホのスピーカーから音楽が流れ
ヘッドセットモードに切り替えるとヘッドセットから音楽が流れます。
再び、腕時計モードに切り替えるとスマホのスピーカーから音楽が流れます。
細かいところまで配慮されています。

Bluetoothペアリングスマートフォンと「TalkBand B1」は紐付けされており
何らかの理由でBluetoothペアリング解除された場合
スマートフォンからは通知音とバイブ、「TalkBand B1」からはバイブが振動します。

上の動画では「TalkBand B1」の電源をOFFにすることでスマートフォンの通知音とバイブを鳴らしています。
スマートフォンを無くしはしないけれど、見失うことが多々ある人にはオススメです。
androidデバイスマネージャーという着信音をパソコンブラウザ上から鳴らすサービスもありますが、わざわざパソコンを起動させるのも面倒ですよね。

ちなみに、職場等でスマートフォンを持ち歩けない場合は「Llama」(android専用)というアプリで「職場でBluetoothをオフにする」という動作を作っておけば
スマートフォンの通知音が鳴らずにすみます。

「TalkBand B1」の不満点

基本的には便利な「TalkBand B1」なのですが、不便な点もあります。

tokei.gif

ボタンを押す、もしくは腕を振るとディスプレイが表示されます。
しかし、腕の振り方に結構コツがあって難しいです。

まとめ

「TalkBand B1」はヘッドセット機能、スマートフォン紛失防止機能があり
現段階では現段階では安くて最高のスマートウォッチだと思います。
やせ我慢ではなくて、便利なスマートウォッチ体験をしたい方にはおすすめできる品です。

こちらは後継機の「TalkBand B2」です。
遊環やHuawei製のスマートフォンのリモートシャッター機能もあるそうです。
充電が本体にmicroUSBケーブルを挿す必要があり、防水性が下がっています。
なので、あまりオススメできません。

 - その他インプレ