サンフランシスコ観光必須カード「Cliper Card」購入&利用方法

2018年7月26日その他インプレ, カリフォルニア州の珍スポット、変わった観光地

サンフランシスコの地下鉄、BARTなど特に現金でのチケット購入ルールが複雑。
サンフランシスコについたなら「Cliper Card」は即手に入れましょう。
こいつがあればサンフランシスコやシリコンバレーの公共交通機関のほぼ全てに利用できます。

どこで「Cliper Card」を入手したらいいのか?

サンフランシスコ国際空港の1階インフォメーションでクリッパーカードについて尋ねると
「階段上がって」と言われました。
階段上がると2階のインフォメーションがあり、そこでクリッパーカードについて改めて尋ねると「あっち」と言われました。
これはTARAI-MAWASHI!

ここはBARTサンフランシスコ国際空港駅。

オレンジラインが目印のCliper Cardの自販機が一台ありました。
お値段は20ドル(17ドルチャージ済、内3ドルはカード代)。
クレジットカードが利用できます。
このCliper Card自販機でのみ、Cliper Cardのチャージができます。(20ドル定額チャージ)
瓜二つの外見のBARTチケット購入自販機(写真奥)ではチャージできません。

CliperCard利用方法は基本的に先タッチ

Cliper CardはBART(地下鉄)は日本のスイカといった交通ICのように自動改札でタッチすればオッケーです。
MUNIや市バスは前方から乗り込み、乗ったときにタッチパッドにタッチすればオッケー。

2階建て列車カルトレインは乗る前と乗った後にタッチ

サンフランシスコ名物の2階建て列車「カルトレイン」。

カルトレインはこのCliperCardリーダーに乗る時と降りた時にタッチしましょう。
ユニークなのが乗車時のタッチした際、最大運賃を引かれ、下車時のタッチした際に差額を還元されます。
いよっ!性悪説のアメリカさんらしいシステム!
あと、乗車中抜き打ちでチケットとCliperCardのチェックが行われます。
乗る時にタッチ忘れてたら、罰金取られるので注意しましょう!

バイクでどっかいこのSNSです

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!