OGKヘルメットがJISマーク認証取消!ヘルメットは大丈夫かチェック!

バイク・バイク用品関係バイク・バイク用品関係

OGKヘルメットが2019年11月25日を持ちまして、JISマークの認証を取り消されました。

取り消し理由

長期間にわたり一部工程の管理が適切に行われていないなど、品質管理体制が鉱工業品及びその加工技術に係る日本産業規格への適合性に関する省令に定める基準を満足しておらず、その内容が重大であると認められたため省令第15条第2項第2号に基づき認証を取り消した。

以上のように日本車両検査協会が発表しています。

OGK側のコメント

現時点で3ページのコメントが用意されています。
ヘルメットとしての使用、強度には問題がないようです。
実際、JIS認証取り消されたのは大阪工場のみで
中国工場は相変わらずJIS認証を登録され続けています。
書類管理等がマズかったのかなぁと個人的に思います。

自分のヘルメットは大丈夫か確認しよう

さて、怒られちゃったOGKヘルメットなのですが
とにかく使用が不安だ!という方はヘルメットのマークをチェック!

例えば、OGKヘルメットのハイスペックモデル「RT-33」は
・JIS
・ECE22.05
・MFJ金認証
3規格認証されています。

ECE22.05はヨーロッパで販売するための最低規格なのでJISよりテストが緩めです。
問題はMFJ金認証。
こちらはJIS規格品ヘルメットに対して
追加テストの耐貫通性試験を合格すれば認証をとることができます。

MFJはコメントとして

製品の安全性や品質に関しては車両検査協会の試験でJIS規格を満たしており問題ないとあり、過去MFJ公認となっている製品(ヘルメット)については、今後もMFJ公認ヘルメットとして競技に使用が可能であることをお知らせ致します。

とあり、MFJ自体はOGKのコメントを信頼してMFJ認証を継続するようです。

個人的に…

JISマーク認証が取り消されちゃったんですが、中国工場が認証されているので
個人的には製品としてはコメント通り、問題ないと思います。
ただ、ヘルメットの強度が発揮されるのは生命に関わる最後の命綱。
国内認証では最高峰JISマークが取り消されたのは、ユーザーの心象としてはかなり危ういと思います。

愛車の盗難保険、距離無制限のロードサービスはZuttoRideClubだけ!

米田昌平
サイト運営者:米田昌平
日本2周分、訪問国15カ国くらい
約7400か所の珍スポット的なところに行く
アメリカ/タイ/台湾/韓国
バイクツーリング歴有り
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー