ワークマンから”着るこたつ”、待望の「電熱ウェア」登場!

2019年9月6日ワークマン, バイク・バイク用品関係ワークマン, バイク・バイク用品関係

こんにちは。ワークマン公認アンバサダーの米田です。
ワークマンといえば、冬にとびきり暖かいウェアを提供してくれるというイメージがあります。
しかし、そんなワークマンについに最強の暖かウェア「電熱ウェア」が登場します。
電気の力で体を温める、まさしく”着るこたつ”なのですが、ついにワークマンから登場です。

高品質、長時間稼動の電熱ウェア!

ワークマンから電熱ウェア、「WindCore 電熱ヒーターベスト」が登場です。
インナーベストタイプですね。

「WindCore」の名の通り、夏に発売されたWindCore シェルシリーズのバッテリーが共有で使えます。

WindCore空調ウェアでは服とバッテリーが別売りでしたが
この「WindCore 電熱ヒーターベスト」はバッテリー+ジャケットで税込み9800円となります。
ただし、ジャケットのみの発売はありません。

付属のバッテリーにおいて連続稼働時間は
強(60℃):5時間、中(40℃):7時間、弱(30℃):17時間の稼働となります。

ちなみに、バッテリー容量は夏のWindCoreバッテリーのほうが容量が多いです。
夏WindCoreバッテリー:6700mAh
電熱ウェア付属バッテリー:3350mAh
この容量ダウンのおかげでバッテリーの値段が下がったのでしょうかね?

夏WindCoreバッテリーを装着すると稼働時間が単純に倍になります。
弱なら34時間稼働となります。
もう一個、17時間稼働バッテリーが手元にあることになるので51時間連続稼働できます。

この稼働時間は圧倒的ですね~。

胸のこの四角いやつがスイッチ、およびモード切替になっています。
夏のWindCoreはバッテリーに電源、風力コントロールがあり、手探りで操作しづらかったのが解消されています。

電熱ウェアのユニットなのですが
安物電熱ウェアは電気を通すと発熱を起こすカーボンファイバー繊維が入ってるだけってのが多いです。
曲げ、伸びを繰り返すとカーボンファイバー断線して、使い物にならなくなります。

しかし、「WindCore 電熱ヒーターベスト」は
カーボンファイバーを織り込んだフェルトを電熱ユニットに採用しているので
曲げ、伸びに強い上にベスト自体、洗濯もできるようになっています。
さすが、ワークマンの電熱ウェア。

ということで「WindCore 電熱ヒーターベスト」はバッテリー+ジャケットで税込み9800円となります。
9月からの展開になります。
電熱ジャケットってスペック的に劣っていても他のメーカーだと2万円くらいするので、かなり安いと思います。
他のメーカーはこれを超えないと厳しいと思いますよ。

正式な商品情報はワークマン公式最新カタログよりご確認ください。

愛車の盗難保険、距離無制限のロードサービスはZuttoRideClubだけ!

米田昌平
サイト運営者:米田昌平
日本2周分、訪問国15カ国くらい
約7400か所の珍スポット的なところに行く
アメリカ/タイ/台湾/韓国
バイクツーリング歴有り
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー