上海浦東空港で電話番号不要のwifi接続方法

上海市の珍スポット、変わった観光地

上海浦東空港でのwifi接続はめんどくさい

めっちゃ安価な中国系LCC。
上海浦東空港はその中国系LCCのハブ空港であり
ケチ旅行者はもっとも訪れる空港なんじゃないかなと思います。

時間つぶしにスマホを触ろうにもわざわざSIMカード買うのはもったいない。
空港に飛んでいるwifiに繋ごうとしたら、電話番号を入力してSMSによる承認が必要!?
もう日本のSIMカード抜いちゃってるからめんどくさい…。
けれども、上海浦東空港で電話番号不要のwifi接続方法があるのでご紹介します。

キオスクを探せ

電話番号不要のwifi接続を行うには「wifiパスワードキオスク」を探し出す必要があります。
ターミナル1には4箇所、ターミナル2には3箇所設置されているようです。

ターミナル2のwifiパスワードキオスクはここ

ターミナル2のwifiパスワードキオスクは2A到着口のそばにあります。
出迎えの人が集まる場所の…

通路向こうの空港地図のすぐ脇にあります。

パスポートのスキャンを要求されます。

パスポートをスキャンするとユーザーネームとパスワードが発行されます。

これを浦東空港のフリーwifiログインページで入力するとwifiに接続できます。
ただし、このフリーwifiは金盾の影響を受けるためGoogleやLINEなどには接続できません。
なので、検索を行うにはbingなどを利用しましょう。

中国本土でもGoogleなどが使えるレンタルポケットwifi