バイクでどっかいこ

世界中の珍スポットへ バイクメインの旅行ブログ

【ロシア鉄道】モスクワ~St.ペテルブルグ 豪華寝台列車予約して乗ってみよう!

   

ロシアの交通と言えば、”鉄道”でしょう

ロシア寝台列車

ロシアの交通と言えば鉄道、そうイメージされている方は鉄道マニアでなくても多いと思います。
世界一長い鉄道として知名度の高い「シベリア鉄道」はモスクワ~ウラジオストックを一週間程度で結んでいます。
会社員として、一週間も移動に費やすというのはとても難しい。
けど、ロシアに来たんだから鉄道には乗りたい。
今回は、モスクワ~サンクトペテルブルクを一晩で結ぶ
有名な夜行列車「赤い矢号」と「グランドエクスプレス」の予約から搭乗、そして部屋内の様子までをご紹介します。

 - モスクワの珍スポット、変わった観光地, サンクトペテルブルクの珍スポット、変わった観光地

まずは「ロシア鉄道」ホームページで予約しよう

2017-09-02_01h25_06.png

まずは何にせよ、寝台列車の予約をしなければいけません。
様々な旅行代理店サイトを通して予約の方法を紹介しているページも多いですが
今回は公式サイトであるロシア鉄道ホームページから直接予約します。

メリットは底値で購入できるところです。
デメリットはサイトがわかりづらいのと、VISAとマスターカードくらいしかクレジットカードが使えないところです。
ロシアではクレジットカードはVISAとマスターカード、一部でユニオンペイくらいしか利用できないので
JCBやアメックスしかもっていない方はVISAかマスターカードをこれを機に作っちゃいましょう。

2017-09-02_01h25_061.png

まず、ロシア鉄道ホームページにアクセスしてサイト上部のイギリス国旗をクリックしましょう。
言語が英語に切り替わります。といっても、一部はロシア語のまんまなので不完全です。
ロシア人、適当~。

2017-09-02_01h27_16.png

続いて、”Departure and arrival stations”に出発駅と到着駅を入力します。
今回はモスクワ~サンクトペテルブルクなので「Moscow」-「St-Petersurg」になります。
その右に往路出発日を入力しましょう、往復ならば”Round trip”にチェックを入れると復路出発日を入力することができます。
ちなみに、本日から60日先までしか予約できません。

2017-09-02_01h28_13.png

往路復路の出発日を入力し、検索をかけるとどの列車に乗るか選択するようになります。
今回ご紹介する寝台列車の
「赤い矢号」は”002А «Красная стрела»”
「グランドエクスプレス」は”054Ч «ГРАНД ЭКСПРЕСС»”になります。
(その他の列車の様子が気になる方は列車名でGoogle画像検索をかけると写真がたくさんヒットしますよ。)

2017-09-02_01h29_351.png

まず、乗りたい列車の部屋のランクを選びましょう。
“2-сl. sleeping compt”は2等室で4人部屋になります。
“1-сl. sleeping compt”は1等室で2人部屋
“De Luxe sleeping”は2人部屋ですが、グレードがより高いです。

その後、車両番号を選びます。
部屋のランクは同じでも車両によって提供サービスが異なる場合があるので注意しましょう。
そして、自分のベッド(席)を指定します。
灰色になっているベッドはすでに予約されているベッドです。
下の席(Lower)のほうが値段が割り増しです。

席をクリックしたら、すぐ下の”Select return train”で復路の列車を予約しましょう。
復路の席が決まったら”Go to passenger date entry and seat selection”を押します。

押すとロシア鉄道へのログインを求められます。
登録していない方は”Registration”より会員登録しましょう。
※会員登録に関してはさほど難しくないので割愛します。

2017-09-02_01h32_31.png

ログインすると乗客情報入力画面になります。
“Middle name”は無い人は-(ハイフン)を入力しましょう。
ここでの入力情報は乗車時にパスポートと照合されるので間違わないようにしましょう。
“Tariff”は普通の大人ならば”Full price”
“Document type”(身分証明書)は”Foreigin document”(外国人)
“Document number”はパスポート番号
“The State issuing the document”は身分証明書の発行国(Japan)を選択します。
その下の”Travel insurance”(旅行保険)は不要なので
赤いリボンのチェックを外しましょう。

パスポートと入力情報に相違が無ければ”Reserve places”をクリックしましょう

2017-07-04_11h43_30.png

こんな感じの確認画面が最終確認になります。
下の支払いボタンを押すと…

2017-07-04_11h44_15.png

クレジットカード支払い画面に移りますので、クレジットカード情報を入力して送信すれば予約は完了です。

2017-07-04_11h45_49.png

予約後はロシア鉄道のマイページの”My orders”より予約情報を確認できます。
“pdf | png”を押すとe-チケットが表示されます。
このe-チケットを印刷するなり、スマートフォンに入れるなりしておきましょう。
(私の場合、車掌さんがパスポートだけで乗車確認してくれたのでe-チケットは必要なかったが)

「赤い矢号」はこんな感じ

IMG_20170825_232042.jpg

こちらが「赤い矢号」赤いぞ!
列車は出発時間の30分前くらいにホームに到着します。
例えば12号車両で予約を取っているのならば、12号車両へ行きましょう。
各車両の入り口には車掌さんや添乗員の人が一人立っていてパスポートとe-チケットで乗車確認をしてくれます。

IMG_20170825_235200.jpg

通路はこんな感じ。エレガント!

IMG_20170825_232650.jpg

こちらが「赤い矢号」の4人部屋。
下のベッドでお値段4137R(約6560円)。
モスクワ~サンクトペテルブルク間700kmを結ぶ夜行列車が
6560円というのは日本人の感覚からすればだいぶ安いですね。
しかし、夜行列車でも一番下のランクの座るだけの席は847R(約1400円)なので
ロシア人の感覚すれば「男のくせにリッチな一人旅やな!」って感じでしょうね。

ちなみに同部屋の方はロシアン美女3人でした!
嬉しいけど、俺のような日本製最高級一人ぼっちにはキツイ!

IMG_20170826_075801_1.jpg

ベッドは倒すと出てきます。
コンセント1口と読書灯が備え付けられていました。

IMG_20170826_002701.jpg

食堂車に行って、瓶ビールとおつまみを。
瓶ビールをドンと出されて、「栓は自分で開けてね」って言われたんですが
どこを探しても栓抜きが無くて
屈強なムキムキマッチョなウエイターに「栓抜き無いよ?」って言ってみたら
ポンッと手で王冠を開けてくれました。

ビールをちょびちょび飲んでたら、警備にあたってる警察官が相席してきて
勤務中なのにウォッカをグイグイ飲んでたりと
ロシアンな感じを体感できました。

IMG_20170826_070254.jpg

朝食はパンケーキとショートブレッド、ミントのタブレット。

20170826_072446_374.jpg

別料金ですが紅茶も注文してみました。
39R(約60円)くらい。

IMG_20170826_075922.jpg

朝、駅に到着しました。

「グランドエクスプレス」はこんな感じ

IMG_20170826_230210.jpg

復路は「グランドエクスプレス」に乗車してみました。

IMG_20170827_001834.jpg

通路は「赤い矢号」と同じくエレガント。

IMG_20170827_000753.jpg

「赤い矢号」よりも上位の列車なので電子ケトルと新聞が備え付けられていました。

IMG_20170826_230742.jpg

4人部屋はこんな感じ。4590R(約7300円)でした。
4人部屋だったのですが、同室者はおばあちゃん一人。
ロシアンおばあちゃんと二人っきりで一晩過ごしました。
(俺にはこのくらいがちょうど良い。)

IMG_20170826_231719.jpg

部屋の上部にはテレビがついており、テレビ番組を見るだけでなく
グランドエクスプレスのプロモーションビデオや乗務員の呼び出すこともできます。

IMG_20170827_072432.jpg

朝食は4種類の中から選べることができます。
サンドイッチと紅茶を選択しました。

IMG_20170827_073006.jpg

朝起きて、景色を眺めたりしていたら…

IMG_20170827_081459.jpg

あっちゅう間に駅に到着しました。

乗って、寝て、朝飯食える便利な寝台列車

いかがだったでしょうか。
6000~7000円で豪華な内装の部屋に移動を兼ねつつ泊まれ
朝飯まで食べれてしまうロシアの寝台列車。
夜行なのでいろんな景色を楽しむというわけには行きませんが
旅情はありますのでロシアに来たならぜひチャレンジしてみては。

 - モスクワの珍スポット、変わった観光地, サンクトペテルブルクの珍スポット、変わった観光地