【バイク歴10年が結論】バイクって結局、安全なの?危険なの?データと共に考える

猫猫バイク入門猫猫バイク入門

ランお手上げ
バイクって危険な乗り物のイメージがあるじゃん?
けど、調べてみると「実は安全ですよ」って記事もあったりするのよ。
実際、バイクって安全なの?危険なの?
ミルクおねがい"
良い質問ですね。
バイク歴十年、日本2周、海外もツーリングする私がお応えしましょう…。

バイクは…

ミルクギャオ
バイクは…危険!
ラン普通"
やっぱり
ミルク普通"
今、乗りたいけど危険なイメージがあって踏み出せない人に「バイクって安全だよ!」ってPRしたい気持ちはバイク好きとしてわかる。
けれども、事実として危険なものを安全ってPRするのは良くないです。

「バイク安全派」の根拠が疑わしい


警視庁

ミルク普通"
バイク安全派の記事を読むと「バイクの発生原因は単独事故の割合が多く、ライダー本人が気を付ければ多く事故は回避できる」ということが多い。
ラン白目"
でも、グラフを見ると確かに単独事故が圧倒的に多いけど…

ミルクギャオ
いやいや、単独事故は18だけど単独じゃない事故は25だから。
確かに下の文章に「単独事故が多く、速度超過が原因と考えられます。」と書いてあるけど
単純な速度超過だけでなく、路面状態が悪くてスリップ、雨天のせいで視界不良で事故なんかもあるんですよ。
単独じゃない事故は”右折時”とか”左折時”とか細かくカテゴライズされているのに
単独事故ってカテゴリとしては大きくまとめられすぎなんだよね。
それにしても、「バイク安全派」の方は小学生レベルの足し算と考証ができないのか?
これが嘆かわしい。

バイクは事実として危険である

ラン白目"
そもそもバイクって事実として危険なの?
ミルクおねがい"
「バイクが危険か?」って質問は「バイクが自動車よりも危険か?」という定義であることが多い。
なので、本記事では自動車と比較してのバイクの危険性をご紹介します。


ITARDA㈶交通事故総合分析センターより

ミルク普通"
まずは2010年の交通事故の状態別死者数を見てみよう。
ランお手上げ
あれ、四輪車のほうが死んでない?
ミルク普通"
確かにこの手のデータを見ると四輪車の方が二輪車を上回っていることが多い。
ここで重要なのは、日本においてバイク乗りは少数派。
二輪免許保有率を考慮しないといけない。
2010年(平成22)の運転免許統計を見ると
普通自動車免許:4,352,938人
大型+普通二輪免許+原付:2,123,621人(43,962+226,573+1,853,086)
つまり、二輪免許の保有者は自動車免許保有者の半分程度しかいない。

ミルクギャオ
四輪車の死亡割合が33%、二輪車の死亡割合が18%。
さらに二輪車は1人で乗ることが多いけれど、四輪車は複数の人間で乗ることが多い。
などを考えると、二輪車の死亡割合が四輪車の死亡割合の半分であっても
実はとても二輪車は死亡割合が高いと言える。

ちなみに原付と二輪車の死亡割合は半々くらい。
個人的には四輪車の死亡事故が30%程度なら
二輪車の死亡事故は8%以下じゃないと安全っていうのは無理じゃないかなぁ
年度が違うため、参考までに


ITARDA㈶交通事故総合分析センターより

ミルクおねがい"
ちなみに重傷割合は単純に二輪車が一位だ。
バイクは危険。

バイクが危険なのは操作が難しいから

ランお手上げ
なるほど、バイクが危険なのはデータで事実としてわかった。
しかし、なぜバイクはそもそも危険なの?
たしかにバイクと自動車を比較すると生身がむき出しだよ?
歩行者と自転車の事故割合も高くないとおかしくない?
ミルクギャオ
簡単、それはバイクは急に止まれないから。
ミルク普通"
自動車の急制動(急ブレーキ)は簡単なんだよ。
思いっきりブレーキ踏めばオッケー。
最近の自動車はABS付いてるし、タイヤがロックすることなくコントロール可能。

で、スピード殺しきれなくてぶつかっちゃっても囲われているから、死にまでは至らなかったりする。

ミルクギャオ
ただ、バイクは急ブレーキでスピードは落とせるけど
急な姿勢変化があるため、それによって転倒する可能性がある。
バイクはスピード殺しきれなくてぶつかったら、吹っ飛んで打ちどころが悪ければ死亡、重症になりやすい。

バイクにABSはいるの?

ラン普通"
バイクって最近、ABS付き始めたじゃん?
あれっているの?近所のおじさんは「バイクにABSなぞいらん!コントロールできるテクニックを磨け!」って言ってるんだけど。
ミルクおねがい"
「バイクにはABSいらない!」って意見は大反対。
”自分は天才公道レーサーだ”と思ってて、自分のバイクにABSを付けないという考えはあってもいいけれど
他人にABSを付けるべきでない!と吹聴するのはバイクを使った殺人事件だよ。
なぜかというと
1、公道は路面状況が様々。砂利、雨、雨上がり、苔むしてるなど。
”こういう時にはこういうブレーキをかければ良いのだ”というのが一概に言えない。
2、飛び出しがある。飛び出して来た際に人は冷静にはなれない。
ほぼ必ずブレーキを握りしめる。(通称:握りコケ、パニックブレーキ)
頭のおかしいメディアは「パニックブレーキの練習」をしよう!というけど
練習したから、対応ができるものではない。
100%のフロントフルブレーキを練習の段階で平気で握れるなら、君は相当な天才ライダーだゾ。

まとめ:バイクって危ない乗り物なんだよ~

ということで”バイクは危ない”。ご理解いただけたでしょうか。
ただし、”バイクは楽しい”。
野球は160km/hの硬い球がこっちに飛んでくるし
投げる人も肩壊すから野球はもうやめよう!とはならない。
将棋も文字の書かれた木の板を動かす
日本だけで普及しているゲームに賞金が何千万も出るのっておかしくない?ともならない。

ミルクギャオ
“楽しい"という気持ちがあればどんな矛盾も非効率も危険も乗り越えていけるのですよ。
ランお手上げ
つまり、”バイクが危険”と”バイクを楽しむ”という二つの相反する気持ちを同時に持つことがライダーにとって大事なんだね。

愛車の盗難保険、距離無制限のロードサービスはZuttoRideClubだけ!

米田昌平
サイト運営者:米田昌平
日本2周分、訪問国15カ国くらい
約7400か所の珍スポット的なところに行く
アメリカ/タイ/台湾/韓国
バイクツーリング歴有り
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー