【旅行の体調不良に】薬剤師と考えた旅行常備薬2選

旅行豆知識旅行豆知識

僕は海外旅行によく行きます。
さて、楽しい海外旅行でも出先で体調不良になっちゃあ元も子もない。
予期できる少々の体調不良ならば市販の常備薬で乗り越えたいですね。
今回は海外旅行で持っていくべき薬を薬剤師と考えてみました。

最近の人気記事

慣れない食事から来る腹痛、下痢の予防→【整腸剤】

海外旅行で気をつけたいのは食べ物、飲み物のトラブル。腹痛です。
食中毒で無くとも食べ慣れないものを食べ続けると「腸内フローラ」のバランスが崩れ、腹痛、下痢になる場合があります。

「腹痛には"正露丸"」をイメージされる方が多いですが
薬剤師からすると正露丸は下痢を止めてしまいます。
下痢は腸内の有害物を排泄する行為なので、止めてしまうと腹痛が長引く場合もあります。

なので、ビオフェルミンといった乳酸菌の力で腸内環境を整えてくれる整腸剤をオススメします。
海外でゲテモノ食って、これあとで腹痛になるかも…って時にも飲んどくと安心かもしれません。

整腸剤として定番のビオフェルミンS錠の持ち運びしやすい個包装の商品です。
15回分入りです。

こちらはラッパのマークの整腸剤です。
24回分入りでビオフェルミンより安いです。

風邪、体調不良、肩こり等に→【葛根湯】

葛根湯は風邪や体調不良の初期症状に飲んどくと効果のある漢方薬です。

葛根湯を飲むと体温が上げる作用があり
風邪のような体調不良を初期の段階で体温上げるとあっさり治ったりするとのこと。
漢方薬なので使いやすいのも選定の理由です。

ちょっと体調悪いかな?と思ったときに積極的に飲んでますね。
肩こり等にも聞くので長時間のフライトやバスでの移動で飲んどいてもいい感じです。

アマゾン限定の葛根湯です。
30包入ってて、1080円なので相当安いですね。

対策として楽しい旅行を

体調不良は初期の段階で適切に処置すればあっさり治ってしまう場合が多いです。
お腹には整腸剤、体調不良には葛根湯。
この二つ、持って行けば割と広い範囲の軽い体調不良に対応できるかと思います。

それでは楽しい旅行を楽しみましょう。

米田昌平
サイト運営者:米田昌平
日本2周分、訪問国15カ国くらい
約7400か所の珍スポット的なところに行く
アメリカ/タイ/台湾/韓国
バイクツーリング歴有り
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー