奇抜さだけじゃない!大真面目なコンドームレストラン「キャベツ&コンドーム」

バンコクの珍スポット、変わった観光地奇食・変な食べ物, 珍博物館

コンドームだらけの奇妙なレストラン

バンコクにはコンドームをテーマにした「キャベツ&コンドーム」というレストランがあります。
”コンドーム”という食材があるわけでも、料理があるわけではありません。
コンドームはコンドームです。
チンポの服です。

薄暗いところにあります

「キャベツ&コンドーム」はバンコクの中心にあるのですが
薄暗い路地を進んでいくとあります。

案内看板が見えました。

こちらが「キャベツ&コンドーム」です。
クリスマスが近いのでクリスマスツリーが出ていました。
(写真だとわかりづらいけど)

「コンドームクリスマスツリー」ですって。
丁寧にコンドームがくくりつけられています。
ホントにここ飲食店か。

コンドームクリスマスツリーを横目に通路を進んでいきます。

コンドームを着飾ったサンタクロースやらサッカー選手などがお出迎え。
どういう生い立ちがあれば「コンドームでマネキンを着飾らせよう!」という
狂気じみた発想に至るのでしょうかねぇ。

レストランはそこそこ高級感のあります

メインホールに案内されて食事。
お客さんのほとんどは白人ですね。
地元の人が利用するってよりも観光レストランって感じです。

天井を見上げるとコンドームで作られた照明具が。

料理もコンドームを利用した…。
嘘です。料理は流石にコンドームを利用していません。

ココナッツカレーと野菜スティック、パイナップルとカシューナッツのブタ肉炒め、ライスを注文。
あとボトルウォーター。
この料理で550バーツ(2000円くらい)でした。
タイでは50バーツあれば1食食べられるので
タイでの物価からすれば相当な高級レストランになります。

キャベツ&コンドームって何よ?

この奇妙な「キャベツ&コンドーム」というレストラン。
ただ奇抜なだけのレストランというわけではなく
タイでコンドームの利用促進を啓蒙し「コンドーム王」「Mr.コンドーム」と呼ばれる
メチャイ・ビラバイダヤ氏が創業しました。
1970年代ではタイでの異常な人口増加を抑えるためコンドームをPRし
1990年代にはHIV新規感染を抑えるため、コンドームを配布しました。

”キャベツのようにコンドームを身近に”ってことで「キャベツ&コンドーム」という名前らしいです。

自分の感じたことなのですが、タイの公衆便所の多くにコンドームの自販機があり
コンビニではレジのすぐ横にコンドームが陳列おり
タイではコンドームがとても身近な存在だと言えます。

コンドームみやげもあるよ

食後にレシートと一緒にコンドームを渡されました。
ドキッとした。

レストランの出入り口には無料コンドームがおいてありました。
「軍隊サイズ」「政治家サイズ」
「クーデター(国家に対する一撃)サイズ」がありました。
「デモクラシー(民主主義)サイズ」は設計中のようです…。

また、様々なコンドームグッズが販売されています。

コンドームブローチとコンドームマグネット買いました。
I AM SAFE NOW!!

住所:Sukhumvit 12 Alley, Khwaeng Khlong Toei, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
11:00〜23:00
毎週水曜日はショーが開催される?

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!