「Love Museum」春画は韓国発祥なのか!?

韓国の珍スポット、変わった観光地, 性神・珍宝・秘宝館珍博物館

韓国のエロ博物館

エロは世界共通!
韓国にあるエロ博物館ともいえる「LoveMuseum」に行ってきました。

若者の街、西橋洞

若者と観光客が集まる西橋洞にやってきました。
ガジェットショップやファッション、ゲームセンターや射撃場があります。

「LoveMuseum」の目印は”真珠の耳飾りの少女”がケンタウロスになって馬車を引きつつVピースしている像です。
考えたやつ、馬鹿か天才。

入ると巨大な女性の股下を通らされます。

ロシアの秘宝館”G-Spot”と同じ感じですね。

おっぱいに挟まれてハッスルするハルク

春画は韓国発祥なのか!?

韓国にも日本の春画みたいな文化があるようです。

へ〜へ〜。
昔の人も海を隔てようとも考えることやすることは同じですね。

説明文に「Chunhwa(春花、春華)は韓国のエロ絵画」と書かれていました。
春画は世界的には日本のものと認知されていますが…。
春花、春華だったら韓国のものでいいのかなぁ?

ケツを突き出した女性の絵があります。

おケツのところに覗き穴があり、覗くとAVが見られます。
また覗いてる姿はただの変態です。

ザーメンを凄まじく発射しているチンポコ。


ロシアにもおんなじものがありました。
世界的に流通してんのか、これ。

親愛なる変人。スパイダーマン。

エロトイレがあります。
実際に放尿しちゃいけませんがヤッてるみたいに見えます。

もぐらたたき…ではなくチンコたたき。


ロシアもおんなじものがありました。
どういうシンクロニシティなの。

ロシアの”G-spot”と比べるとその国らしさは薄い「LoveMuseum」でした。
もうちょっと韓国らしさが前面に来ると良かったかなぁ〜。

住所:B1 floor, Seogyo Plaza 20 Hongikro 3gil, Mapogu, Seoul, Seogyo-dong, Mapo-gu, Seoul, 韓国
営業時間:9:00〜21:00
ホームページ

普段着やスポーツやバイクにも「ワークマン」
店頭受取なら送料無料!