バイクでどっかいこ

世界中の珍スポットへ バイクメインの旅行ブログ

【平成のレトロ遊園地】「スペースワールド」なくなるヨ!17年ぶり閉園前に行く

      2017/05/21

あの光り輝いてた「スペースワールド」もレトロなんだなぁ…

IMG_20170430_170820.jpg

「スペースワールド閉園」
2016年末、そのニュースは山口県民も震撼させました。

 - 福岡県の珍スポット、変わった観光地

古くはなったが近未来デザインの懐かしい入園ゲート

IMG_20170430_180730.jpg

駐車場の料金所の宇宙人にお金を払って駐車します。
人件費、削減だね。

「UFOの街」石川県羽咋郡 「江戸時代の頃、眉丈山の中腹あたりを”そうはちぼん”が光りながら飛んでいた」 そうはちぼん伝説 そうはちぼんとはUFOの
コスモアイル羽咋といい、宇宙関係のスポットはグレイエイリアンを職員として使う傾向にある。

IMG_20170430_150205.jpg

17年ぶりのスペースワールドにやってきました。
主要な部分は塗り替えられてキレイなのですが
外壁は開演27年という年月によって色褪せています。

IMG_20170430_150421.jpg

入園券にも”FINAL”のマークが描かれています。

IMG_20170430_150644.jpg

おみやげ街を通り過ぎ

IMG_20170430_151028.jpg

園内を歩き回ります。

スペーシーさがピーキーだな

スペーシー

IMG_20170430_151156.jpg

スペースワールドはその名の通り、宇宙のテーマパークです。
園内の至る所に宇宙っぽさ(スペーシー)が施されています。
トイレの男女のピクトグラムもアンドロイドっぽい。

IMG_20170430_151627.jpg

「クリッパー」というジェットコースター。
空中のUFOの造形の細かさは目を見張ります。
また、このクリッパーも60分待ちと大人気。
個人的な思い出に基づく推測ですが
いくつかあるジェットコースターアトラクションの中でもこの「クリッパー」は一番怖くありません。
しかも、位置づけ的にキッズ向けの”お迎えされてる”アトラクションではないので
小学生の自分は結構乗っていました。
そんな思い出のある人が多いのではないでしょうか?

IMG_20170430_151657.jpg

「待ち時間」ではなく「待機せよ」だとか司令っぽさも良いですね。
IMG_20170430_152308.jpg

IMG_20170430_151321.jpg

月の石の展示や宇宙船のエンジンの模型の展示なんかもあります。
閉園したらこれらはどこに行くんだろう。

ノットスペーシー

IMG_20170430_150856.jpg

IMG_20170430_150856.jpg

園内レストランの「アバジュール」。
色褪せっぽさといいカタカナのフォントといいもはや
芳醇なヴィンテージレトロ看板になってます。

IMG_20170430_154452.jpg

IMG_20170430_152811.jpg

IMG_20170430_151617.jpg

園内のいたるところにある黄道十二星座をモチーフにした軽食コーナー。
UFOモチーフのデザインなんでしょうか。
”ドリンク”は飲料の流動感と清涼感を出そうと動きのあるフォント
”スナック”は軽食のお手頃感と食感を出そうと軽さと固めのフォント
”ソフトクリーム”はクリーミーさを出してるフォントを選ぶなど
レトロマニアは感涙、脱肛のレベルですよ、こりゃ。
全店営業されていませんが、俺が子供のころは営業してたんだぜ。へへ。

IMG_20170430_163047.jpg

屋上遊園地によくあるパンダとかの乗り物。
ホントにここ宇宙をモチーフにしてんのか。

熱いぜ「カーニバルストリート」

IMG_20170430_152751.jpg
「カーニバルストリート」にやってきた。

IMG_20170430_152921.jpg

ここでは射的や輪投げなど宇宙の世界観の欠片も無いゲームで遊ぶことができる。
いずれもプレイ料100円だが成功させると景品が手に入る。

IMG_20170430_154332.jpg

景品の中でも一番の人気が「SPACE WORLD」ロゴ入りの抱きつきエイリアンぬいぐるみだ。
みんなスペースワールド閉園は寂しいのだろう、ロゴ入りのグッズは欲しい。
各ゲームごとで手に入るエイリアンのカラーが違うため、複数のカラーを手に入れたければ複数のゲームにチャレンジせざるを得ない。

小学生のころ、割と得意だったボーラー・ローラー(写真のやつ)に挑戦してみる。
ボウリング玉を手で押して、狙ったところにボウリング玉が止まれば景品ゲットというシンプルなゲームだ。

小学生のころは肘を90度くらい曲げて押すと丁度良かったのだが
大人となった今では腕を伸ばして手首の力のみでボウリング玉を押せばちょうど良くなっていた。(12回挑戦して判明)
あのころ重かったボウリング玉も今では軽々とは我ながら成長を感じる。
この抱きつきエイリアンぬいぐるみはお土産屋にも売っていないのでここでゲットするしかないよ!

もっかいスペーシー

IMG_20170430_164748.jpg

宇宙人向けの地球ルール標識。
宇宙人は守っていただきたい。

IMG_20170430_163837.jpg

ジェットコースター「ザターン」には設定がある。

マグナムブースター ザターンとは
大流行している宇宙病GNS(Genki Naqnau Syokogun)の治療かつ予防のために開発された最新メディカルギア。
月より採取され、人類の自然治癒力を増大させる効果のあることが判明した超電磁物質「マグナムZ」を搭載している。

「スペースドーム」は宇宙感満載なので絶対行くべし

IMG_20170430_170820.jpg

IMG_20170430_170711.jpg

園内中央にある「スペースドーム」はいい感じに古いアニメのような宇宙感が満載なので絶対行くべきだ。
壁に埋め込まれた意味ありげに数字がせわしく点滅する計器やダクトに痺れる。

IMG_20170430_171007.jpg

IMG_20170430_170702.jpg

しかし、コイン式マッサージチェアや神社なんかもあったりしてどこを目指してんのかわかんねぇな

IMG_20170430_171123.jpg

スペースドーム名物の椅子型宇宙エビ。
来るたびにとりあえず座ってるような気がする。

IMG_20170430_171234.jpg

タイムカプセルステーションと宇宙飛行士。
27年間頭を叩かれ続けたのか、頭がぼこぼこになっている。
よく耐えたな。

IMG_20170430_171421.jpg

スペースドームではスペースワールド27年間の歴史を当時の品と合わせて振り返ることができる。

IMG_20170430_171629.jpg

自分が幼いころ、はじめてスペースワールドに来た時のショーがこの鍵を使ったものだったような記憶がある。

ビンゴショーの元気の圧力がすごい

IMG_20170430_154856.jpg

ビッグバンプラザでビンゴショーを行うとアナウンスがあるので参加してみる。

IMG_20170430_154903.jpg

300円で参加賞のチョコレート付だ。

IMG_20170430_160049.jpg

スペースワールドのチアガールグループの「スペースチアーズ」が繰り広げるビンゴショープログラムなのだが
元気の圧力がすごい。
一言話すたびにすごい開脚や回転、側転を披露してくれる。
うっかりビンゴなんてしようものなら「今の喜びをあなたのダンスで表現してみて!」※と言われそうなほど元気の圧力がすごかった。
※そんなことはされませんのでシャイな方でもご安心を

閉園間際はお土産屋さんがヤバい

IMG_20170430_172501.jpg

スペースワールドのお土産屋さんはなかなかに無国籍だ。
ディズニーやスヌーピー、サンリオにスターウォーズなど様々なキャラクターグッズを販売している。

IMG_20170430_173552.jpg

ただし、今の人気アイテムはやはりスペースワールドのキャラクターのラッキーやヴィッキーのアイテムで
それらのアイテムを買おうと多くの人がレジに列を成していた。

IMG_20170502_114109.jpg

過去のデザインのリバイバルグッズも販売しており
一度でもスペースワールドに来たことがあればあの頃のデザインのスペースワールドグッズを購入できる。
また、自分が小学生のころからあるフローティングキーホルダーを購入してみた。
懐かしすぎる…。

IMG_20170430_175136.jpg

最後はゲート付近でラッキーやヴィッキーといったキャラクターとアクターが
生バンドのビートルズの演奏に合わせてダンスする閉園ショーで締めくくり

IMG_20170430_175934.jpg

最後は記念撮影タイムは人がどっと押し寄せる。

ぼくとスペースワールド

IMG_20170430_164144.jpg

当時の自分の感覚では
スペースワールドはぶっちゃけていえば、東京ディズニーランドの代用品
東京ディズニーランドは新婚旅行やお金持ちの友達が夏休みに行くもので
それに行けない山口県の庶民の子はスペースワールドに行くという感じ。

けっこうひでぇ感覚ですが、理解を示してくれる方も多いと思われる。
そんな代用品的なスペースワールドもいざ無くなるとなると、とても寂しいです。
スペースワールドにだけあって九州、山陽地方の比較されるテーマパークには無かったものがあります。

IMG_20170502_114109.jpg

それは松下進氏がデザインしたラッキーやヴィッキーといった濃いデザインのキャラクター達です。
彼らがお役御免だとなるととても寂しいです。

スペースワールドにいる間は東京ディズニーランドに行けない悔しさ、うらやましさを忘れることができました。
夢中になれるアトラクションやゲームがありました。
ラッキーやヴィッキー達のキーホルダーをランドセルにつけている友達はたくさんいました。
それを自分もつけたくて親に買ってと頼んだ記憶もあります。

IMG_20170430_180447.jpg

東京ディズニーランドの代用品だとか思っていましたし、大人になって東京ディズニーランドに行こうと思えば簡単に行けるようになりました。
「スペースワールド閉園します」と言われた2016年末。
あの時の悔しさ、うらやましさというほろ苦さがほんの少し混ざった楽しい思い出の場所が無くなると言われると強い感情がこみ上げてきます。
あぁ、スペースワールドは代用品じゃなかったんだなぁ…。

住所:福岡県北九州市八幡東区東田4丁目1番1号
スペースワールドホームページ

 - 福岡県の珍スポット、変わった観光地