ワークマンアンバサダーです!
意見求む!→

ここは寺か!?美術館か!?「大観音寺」「ルーブル彫刻美術館」

ここは和なのか洋なのか

三重県に「ルーブル彫刻美術館」「大観音寺」という施設がある。
この二つはすぐそばにあるのだが、なんと実はこの二つ同じ経営者が運営しているのだ。
じゃあ、どうなるか?不思議な空間になります。

スポンサーリンク

振り返ると「和」!また振り返ると「洋」!

広い駐車場にやってきました。

北を向くとソーラーパネルの向こう側に寺院が見えます。

南を向くと自由の女神とミロのヴィーナスが見えます。
また北を向くと寺院。
そしてまた南を向くと自由の女神とミロのヴィーナス。
頭が混乱します。

ちなみにちょうど真ん中ではカエルの大合奏。
なんなんだここは!?

とりあえず「大観音寺」から

とりあえず、「大観音寺」から向かっていきましょう。

ルーブル彫刻美術館の入場券とセットで拝観料を支払うと
自分の御守本尊※が刻印されたメダルがもらえます。

私は午年なので勢至菩薩様のメダルでした。

本尊である高さ33mの「開運寶珠大観世音菩薩」だ。
なんと純金らしい。
高さ33mもある純金の立像か!手を合わせずにはいられない。

もしこの像が童話「幸福な王子」のモデルだったら
もっと沢山の人が救えたかもしれないが、ツバメはヘトヘトになっちゃいそうだ。

もしかしたら、本尊より有名かもしれない「金運招き猫」。
凄まじく盛大に金運を招いている。
でもここ、お寺なんだよ。

次はルーブル彫刻美術館

続いて、「ルーブル彫刻美術館」
このどでかいミロのヴィーナスや自由の女神を見て
いろいろと不安になりそうだが
実はルーブル美術館の世界唯一の姉妹館である。

館内は写真撮影禁止…。
と思いきや、今はむしろどんどんSNS等で投稿してほしいマーケティングを取っているようだ。


結構立派な図録をいただけるぞ。

ルーブル美術館の本物の作品から型取りしたレプリカが多数並んでおり
芸術に明るくない私でも知っている作品が多数並んでいた。

かの有名なロゼッタストーンももあったよ。

住所:三重県津市白山町佐田1957
大観音寺ホームページ
9:00~17:00

ルーブル彫刻美術館ホームページ
9:30~17:00

タイトルとURLをコピーしました