バイクでどっかいこ

47都道府県すべての珍スポット情報掲載中!

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方

      2017/07/06

最近流行っているようで流行ってない、ちょっと流行ってる「motovlog」とは?

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方

”motovlog”?モトブログ?なんじゃそりゃ?

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方

vlogってのはvideo+blogの造語で
>youtubeといった動画サイトに日々の記録をアップするスタイルモトヴィログだ。

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方

モトブログ

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方

モトヴィログだ!(ポカッ)

モトヴィログと言えたら「つづき」を押してね

 - 猫猫バイク入門, バイク・バイク用品関係

とにもかくも車載カメラを買わねば始まらない

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
このくらいで勘弁してやる。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
顔面ボコボコで前が見えねぇ。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
というわけで、モトブログを始めようにも車載カメラを購入せねば始まらない。

ヘルメットマウント

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
ヘルメットマウント
アクションカメラをヘルメットに装着し、撮影する方法だ。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
あれ?”車”載じゃないじゃん…。頭に搭載、頭載動画じゃん。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
何ちょっと、文字って面白いこと言ってんだよ!(ポカッ)
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
前がますます見えねぇ。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
ヘルメットマウントのメリットは視点と撮影場所が極めて近いため臨場感のある撮影が可能だ。
デメリットとして、ヘルメット自体の重さが50g〜100gほど増量してしまうのがあるな。
あとは給電しながらの撮影が難しく、連続撮影時間が短めになりやすいという部分かな。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
安価なアクションカムも品質向上が著しい 今度、台湾ツーリングに行きます。 せっかくなのでアクションカメラを購入してみました。 GoPro風アクションカム「AKA

チェストマウント

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
胸に固定するチェストマウントと呼ばれる方式だ。
ヘルメットマウントと比較すると疲れにくい
デメリットとしてアングルが変えられない、レーサーバイクには使えないという部分もある。

パイプマウント

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
バイクのパイプハンドルといったパイプ部にクランプで挟み込むタイプの三脚を使用する方式だ。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
車載”カメラ”じゃなくて、カメラを車載するための道具じゃん…。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
うるさい!
特徴は家に転がっているデジカメ、ビデオを利用したりできるな。
雨天時の撮影をするなら防水カメラを使えばいいし、長時間撮影するんだったらビデオカメラを利用すれば良い。
いろんなアングルからの撮影をするのも上級モトブロガーのテクニックだし、持っていて損はないかも。

ドライブレコーダー(車載カメラ)

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
バイクにもドライブレコーダーは必須な社会 交通事故の際、決定的な証拠となるドライブレコーダー。 車用は安いもので5000円程度からちゃんとしたものがあり、爆発的に普及してい
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
続いては、ドライブレコーダーを使った撮影方法だ。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
これこそ、車載カメラだ!
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
メリットとして給電しながらの撮影ができるため電池を気にして無くていい。
給電しながらの撮影が出来ないカメラでも、体にくっつける訳じゃないから疲れにくいな。
デメリットとしてアングルが変えれない、そしてバイクの振動の影響を受けやすいというのがあるな。

今、モトブロガーに話題なのは「ヘルメットに顎(チン)マウント」

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
そして!今、モトブロガーに話題なのはチンマウントだ!
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
チン…股間につけるのかな…。そりゃあ、いろんな意味で話題になりそうだ。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
チンってのは顎って意味だ!

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
わぁ、すごい不審者です…。
これならまだ股間にカメラマウントしたほうがマシだ…。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
まぁまぁ、そう言わずに…。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
でも、なんでこのカメラマウントが話題なの?
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
バイクは前傾姿勢で乗る車種が多い。
チェストマウントで前傾姿勢を取るとタンクしか撮影できない。
基本的にカメラの装着は頭部のほうがバイクの振動も受けにくいため有利だ。
しかし、側頭部につけると、画角の半分がヘルメットになってしまう。
頭頂部に取り付けるとカメラの撮影場所がかなり高い位置になってしまい、臨場感が薄れる。
そこで、目に近い顎に取り付ける方式が人気なのだ!
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
ん?だったらおでこでも良くない?
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
顎にあってくれたほうが撮影状態がわかりやすいんだよ。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
あっ、そっかぁ・・・
でも、チンマウントなんてアクセサリー無いよ。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
甘ったれんな!チンマウントは自作に決まってるだろ!
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
難易度高すぎ・・・。

「SENA 10C」はオールインワン!初心者から上級者まで使える最強ヘッドセット

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
さて、最近では自分の声も含めて録音するスタイルのモトブログが流行っている。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
そうだね、自分の声ってどうやって録音すればいいんだろう?
モトブロガーはみんな地声が凄まじく大きくなるトレーニングしてるの?
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
んなわけあるかい!
例えば、アナログなやり方だとICレコーダーを録画開始と同時に回して動画編集の際に同期させるとか
カメラのアクセサリーにマイクがあるものを使うとか。

※3.5mmミニマイクをヘルメット内に仕込んでカメラやICレコーダーで録音するのが主流のようです。

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
いろいろあるんだねぇ。

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
いろいろ考えたくないあんたには「SENA 10C」がおススメ!
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
ってこれ、バイク乗りながら音楽や会話するヘッドセットじゃん。
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
この「SENA 10C」、カメラが付いているヘッドセット!
マイクの音声を録画している映像に録音できるぞ!
motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
最近のテクノロジーはすごい。ヘルメットにデカいビデオテープをテープ巻き付けていた時代と違いすぎる。※

※スティーブマックイーン主演「栄光のル・マン」撮影光景より

最後の余談

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方
さて、

先日、映像プロダクションによる撮影に参加しました。

motovlog(モトブログ)入門!バイク車載カメラの選び方

その際に、アクションカムは「GoPro」を使われておりました。
「安いアクションカムはいろいろあるけど、なんだかんだ言ってGoProは別格」と仰られていました。
プロクオリティを目指すならば、GoProを選ぶべきでしょう。

一応、モトブログというのを始めてみました。
VRカメラを使っているのでかなり特殊ですがチェンネル登録していただくと幸いです。

 - 猫猫バイク入門, バイク・バイク用品関係

このブログで今週人気の記事です