おすすめWearOSアプリ!「IFTTT」でアプリを作れば良いじゃない

GoogleのスマートウォッチGoogleのスマートウォッチ

世はスマートウォッチ戦国時代!
定番のAppleWatch!
追従するWear OS by Google!
突如、省電力の独自OSを作り上げ離反を起こしたHUAWEI Wacth!

三つ巴の争いになってきました。

最近の人気記事

アプリラインナップが貧弱ならば作ればいいじゃな

個人的にはGoogleを応援したいのでWear OS by Googleを選びます。
しかし、アプリのラインナップが貧弱!
だったら、アプリを自分で作ればいいじゃない!
ということで、今回は「IFTTT」によるアプリの作り方をご紹介します。

IFTTTの入手はこちら
Google Play で手に入れよう

雨が降りそうなら通知してくれるアプリを作ろう

今回は居住地の周囲で雨が降りそうならば、スマートウォッチに通知するアプリを作ってみましょう。

IFTTTの作り方

スマートフォンとWearOSデバイス(以降、スマートウォッチ)両方にインストールする必要があります。
そして、IFTTTサービスに登録する必要があります。

登録が終わりましたら「My Applets」のページより「New Applets」(スマートフォン版では"+")を選択します。

このような"if this then that"と画面が表示されます。
こうなったら(this)、こうする(that)という連携を設定します。
まずはthis(こうなったら)をタップしましょう。

すると、トリガー(こうなったら)設定が画面が表示されます。
天気に関するトリガーは「WeatherUnderground」になります。

続いて、「Current condition changes to」(天気が変わったら)を選択しましょう。

Current conditionでRainを選択して
Wether in this areaには居住地を選択しましょう。
こうすることで”居住地の天気が雨(Rain)になったら”というトリガーが設定完了です。

続いて、this(こうする)という設定をします。
android wearを選びましょう。

android wearでは「send a notification」(通知を送る)しか選択肢がありませんのでこれを選びましょう。

通知内容設定画面が表示されす。
このままでもオッケーですが…

せっかくなので「雨が降るかも」とシンプルな通知にしときましょう。

最後にFinishを選ぶと設定完了です。

IFTTTを使いこなせると捗るぞ

ということでIFTTTの簡単なアプリの作り方のご紹介でした。
IFTTTを使いこなせると、いろんなことを自動化できますし
色んな人がアプリレシピを公開していますので、いろいろと探してみたり作成してみてくださいね。

米田昌平
サイト運営者:米田昌平
日本2周分、訪問国15カ国くらい
約7400か所の珍スポット的なところに行く
アメリカ/タイ/台湾/韓国
バイクツーリング歴有り
「BikeJin」等雑誌連載、掲載経験あり
著者情報
お問い合わせ、ご依頼は こちらから
プライバシーポリシー